キャンドルのさまざまな素材とは

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

革新的に発展し始めた19世紀半ばごろから素材も様々なものが増え、さらに発展してきました。

その素材のおかげでさまざまなキャンドルが生まれ、いろんな場面で使用されてきました。

ここでは、そんなキャンドルで使われる素材(ワックス)についていろいろ紹介したいと思います。

○パラフィンワックス

パラフィンは原油から作られ、19世紀半ばごろに発見されました。

今までのものに比べ、キャンドルの火力や素材の強度があり、人気がありました。

安価で安定した共有のおかげで、貴重品だったキャンドルが世間一般に広がり始めます。

今では数多くのキャンドルに使用されていて、幅広く多種多様な使われ方をしています。

○蜜蝋(みつろう)

蜜蝋は蜂の体内で作られ、巣の原料として使われている動物性のロウ、ワックスになります。

ロウには少し粘り気があり、黄色のような色味が特徴です。

また火をともすと、甘い香りがするのも特徴です。

しかし、蜜蝋を採取するのは難しく、ほとんどが他のワックスとのミックスで売られています。

純粋な蜜蝋のキャンドルは、そのため高値がつけられています。

○ステアリン酸ワックス

牛脂、パーム油から精製される脂肪酸の一つで、キャンドルの他にも化粧品などにも多く使用されています。

キャンドルといっても主に他の素材の添加物として使用されています。

主にパラフィンワックスの添加物として使われ、なくてはならないものになっています。

キャンドルを作る際にできてしまう気泡を拡散してくれる働きがあり、ロウの色を不透明にして発色がいいものにしてくれます。

また、ロウの硬度を高めてくれて、制作する時、キャンドルの型から外しやすくなるという効果もあります。

今のキャンドルには、なくてはならない存在です。

○木蝋 (もくろう)

古くは江戸時代から作られている日本の和ろうそくで、木蝋といわれるハゼの実やウルシの樹液から作られているものです。

しかしながら、この木蝋の素材は入手することが難しく、手間がかかりなかなか手に入らないものです。

そのため、現代では入手するのが難しく、純粋の和ろうそくは高値がついています。

ここまで、キャンドルに使われるワックス(ロウ)についてお話してきました。

キャンドルの素材も様々な種類があり、様々な時と場所に合わせて作られています。

キャンドルの素材の特徴をちゃんと把握すれば、使う場所や使い方に合わせて揃えることができます。

キャンドルの知識を蓄えて、楽しく使ってみてください。

人気の通信教育はこちら

キャンドルの資格が取れるキャンドルの作り方まで学べる通信講座。
キャンドル

キャンドル
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

キャンドル資料 キャンドル

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る