キャンドルが敬遠されること

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

キャンドルは美しく、癒しをもたらしてくれる素晴らしいアイテムですが、人によっては様々な理由で敬遠されてしまいます。

ここでは、そんな敬遠される主な理由3つと、解決方法について紹介していきます。

もし当てはまる人がいたのなら、これを読んで一度使ってほしいと思います。

・キャンドルはロウが垂れて汚れるからイヤ

使っているキャンドルの種類にもよりますが、使っている時に間違って倒してしまったりして、溶けたロウが流れだし、床や壁を汚してしまうことがあるかもしれません。

でもそんなに心配しないでほしいのです。

ロウの掃除方法は結構簡単で、少し熱めのお湯(50~60℃位)を用意してタオルをつけます。

そのタオルを絞って、少し汚れた部分につけてロウを柔らかくします。(ロウは約50℃くらいで柔らかくなります。)

そのあと、タオルで拭きとればキレイに取れてくれます。取れなかった場合は、ドライヤーを使えばちゃんときれいになります。

このようにちょっとしたやり方でちゃんとキレイになるのです。

それでもと渋るのでしたら、グラスや缶などに入ったキャンドルをおすすめします。

これでしたら、そんな簡単に汚れることはありませんし、保管も簡単、置いといてもインテリアとして早変わりします。

このようなキャンドルもありますので、一度使ってみてはいかがでしょうか。

・キャンドルを消した後の匂いが気になるからイヤ

キャンドルを消火したあと、ロウ独特の匂いが発生し、部屋を満たしてしまうことありますよね。

この匂いを抑えるのには、火を消火する時に、やり方を工夫すれば大丈夫です。

キャンドルの火を消す時、燃えない棒(金属)のようなものを使って、燃えているキャンドルの芯を溶けたロウの中につけましょう。

そうすることで、ロウ臭くならずに火を消すことができます。

このやり方はぜひ、覚えておいてほしいと思います。

・キャンドルをつけると煤がでて汚れてしまうからイヤ

キャンドルをつけて煤がでる場合、原因の多くは芯の長さに問題があります。

これはどういうことかというと、芯が長い場合、多くのロウを吸い上げ、燃えるため火が大きくなります。

これがキャンドルをつけると煤がでる原因、問題なのです。

そんな時は、キャンドルに火をつける時、芯の長さを確認し、場合によっては調節しましょう。

芯の長さは約1cmくらいがベストとされています。

なので、長い場合は切りましょう。そうすることで煤がでにくくなり、汚れる心配がなくなります。

このように、キャンドルは炎とのバランスが大事になります。使ってみて、どれくらいがいいか探ってみるといいと思います。

主な敬遠される理由と解決策について紹介しました。

このように人によっては、いろんな理由からキャンドルと触れ合うことを拒否してしまっています。

しかし、思っているほど悪いものではありませんし、人間にとっては素晴らしいアイテムの1つなのです。

敬遠しているだけでなく、1度で良いので使ってみて、その目で確かめてほしいと思います。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

キャンドルの資格が取れるキャンドルの作り方まで学べる通信講座。
キャンドル

キャンドル
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

キャンドル資料 キャンドル

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ