オリジナルキャンドルの作り方 初心者編

初心者のキャンドルづくり

キャンドルの楽しみ方は、火をともして癒されるだけではありません。

自分だけのオリジナルのキャンドルを作ることで、また違った感覚を味わえます。

自分の好きな色・香りのキャンドルで、上質の癒しを感じてみてください。

・材料

主に、簡単に手に入るもので作っていきます。

今回は、型に紙コップを使い、制作していきます。

  • なべ(大・小) 各1つずつ
  • ろうそく(3号) 4つ
  • 色づけようクレヨン 1本
  • アロマオイル 1つ
  • 紙コップ 1つ
  • 割りばし 2本
  • 輪ゴム 2つ
  • はさみ
  • カッター
  • 新聞紙
  • キッチンペーパー

ガスコンロを使うので、キッチンの周りに念のため新聞紙をしき、汚れてもいいようにしておきます。

新聞紙に引火しないよう、ガスコンロとの位置は取ってください。

また、これから作る時は、ロウを直火で溶かすことはしないでください。発火の恐れがあります。

・作り方

  1. 大きな鍋に水を入れ、沸騰させます。このお湯は、ロウを溶かすための湯せんに使用します。
  2. 小さい鍋に材料のろうそくを全部入れ、大きな鍋のお湯になべ底をつけながら、じょじょに溶かしていきます。この時、細かくロウを折っておくと、溶かす時間が短くできます。
  3. 全部溶けたことを確認したら、キッチンペーパーを1枚とり、その上に残った芯の部分を1本分取り出し、余分なロウを拭きとりながら、芯をまっすぐに整形します。この芯を、これから作るキャンドルの芯に使用します。その他の余った芯は、捨ててかまいません。
  4. 割りばしを輪ゴムで両端を結び、割りばしの元の形のようにしておきます。そしたらその間に、先ほど用意した芯を挟み、紙コップの上に割り箸を置き、芯の位置が中心になるよう調整します。
  5. 溶けたロウの中に好きな色のクレヨンを、カッターを使って削り、色を付けていきます。色の濃さは入れる量で調節してください。
  6. さらに香りをつけたい時は、ここで自分の好きなアロマオイルを数滴入れてください。(注意)入れ過ぎると火がつきにくくなってしまいます。
  7. 先ほどセットしておいた紙コップの中に、溶かして準備しておいたロウを、ゆっくり流しいれていきます。
  8. そのまま放置しておき、1時間から2時間程度置いておきます。
  9. 紙コップにハサミをいれ、適度に切りこみをつくり、壊れないようゆっくりキャンドルを取り出していきます。
  10. 取り出したキャンドルの芯を約1cm残して切り落とします。

以上でできあがりです。

キャンドルは、自分で手作りして楽しむものでもあります。

自分で作ったオリジナルのキャンドルをたけば、さらにリラックスし、癒し効果が倍増すること間違いなしです。

火の取り扱いに気をつけて、自分だけの素晴らしい時間をお過ごしください。

人気の通信教育はこちら

キャンドルの資格が取れるキャンドルの作り方まで学べる通信講座。
キャンドル

キャンドル
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

キャンドル資料 キャンドル

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る