カフェオーナーニュース

カフェとコーヒー

ダイエットにも!ミントココアの作り方

カフェオーナーになるには珈琲の資格

カフェオーナーになる人は、もともとカフェ店員をやっていて、オーナーに昇格したと勘違いされている人が多くいます。しかし、そんなことはありません。カフェのオーナーになる人の前職は様々です。

同様の仕事に携わっていたり、まったくの異業種出身者であったりする人も数多くいます。というのも、仕事の内容は特に資格が必要でもなく、割と手軽に開業できるからです。開業資金はピンからキリまでで、やはりカフェの店内の設備関係のお金のかけ具合によります。例えば、外国の高級家具か国産によっても予算は違ってきます。また、室内のデザイン等によっても違いは出てくると思われます。それと、建物が自前か賃貸でも同じことがいえます。しかし、思っていたよりも来店客がなく売上げが少ないようであれば、たちまち行き詰ることになるので、販売促進のための資金も必要になることでしょう。

カフェオーナーとして経営をしてみたいと考えた際にはいくつかの方法があります。まず、自分で実際にコーヒーを入れるなどするバリスタを兼ねるというパターンです。
この場合には、自分のこだわりなどをしっかりと反映させた店作りが出来ますし、オーナーなのでコンセプトなども自由に決めることが出来ます。次に考えることが出来るのが、オーナーとして出資者になるという方法です。この場合には、バリスタなどを別の場所から雇ってくる必要がありますし、実際に店にたつことが無い場合なども可能性としてはありえますが、自分でコーヒーを実際に入れる技術などを伴わずともカフェオーナーになることが出来るということが利点としてあげることが出来ます。

珈琲の資格はコーヒーソムリエがおすすめです。

カフェオーナーと店長の違い

みなさんは、カフェに行かれたことはありますか。仕事の合間に行けばリラックスできますし、友達と行くと話が弾んで楽しい時間を過ごせます。

けれどもよくよく考えてみると、カフェにはオーナー兼店長という言われ方をすることがあります。カフェのオーナーと店長はどう違うか知っていますか。カフェオーナーと店長の違いは、店舗の運営を直接行うかどうかの違いです。店長がその店の経営を行い、オーナーは店を所有している人ということです。カフェは、基本的にオーナー兼店長が多いです。というのは、人件費を少しでも削減したいからです。また、オーナーが店長を雇う方法としては、信頼できる友人に店長をやってもらうか、募集をかけて雇うかのどちらかになります。この場合、オーナーとなる人が使いやすく、口を出さなくても店舗経営を充実させる事が出来る者を捕まえなくてはいけません。


カフェの利用目的とは

昔は喫茶店と呼ばれていたようなお店が、最近ではカフェと呼ばれるようになりました。
カフェ自体もとても増えており、多くの人がカフェでご飯からちょっとした休憩に、色々な用途で使える場所として重宝しています。

実際にカフェを利用する人はどんな利用目的があって利用していることが多いのでしょうか。

○ランチ
カフェというとドリンクや軽食のみで少し休憩をするというイメージが強いかもしれませんが、最近はカフェでご飯も食べられるようになっています。
軽食ではなく結構本格的なご飯がいただけるのです。
カフェはなんといってもゆったりとした気分でご飯をいただけるのが人気のポイントです。

○休憩
これは喫茶店と呼ばれていたときと変わらない使用目的ですね。
ショッピングで歩き疲れて座りたい時や、喉が渇いたからどこかお店に入ろうとなった場合にカフェを選ぶ機会も多いでしょう。
飲み物だけ飲むこともできるので、短時間でも気軽に立ち寄れますね。

○仕事
この使用目的は最近ぐっと増えてきたような気がします。
ビジネスでの打ち合わせなどはもちろんのこと、一人でパソコン作業がしたいときなども使うことができます。
コンセントが設置されていたり、ネットに接続できる環境も整い始めています。
自宅や会社でやるよりも思いっきり集中できるというメリットがあるようです。

○習慣
カフェにいくことが日常の習慣になっているという場合もあります。
特に仕事をしている社会人が朝にコーヒーなどを飲みにいく習慣がついている人が多いようです。
習慣になると、カフェに行かないと一日の始まりとはいえないと感じたりもするでしょう。
確かに朝はコーヒーで目を覚まして仕事に向かう間に気合を入れるというのも大事かもしれませんね。

最近は本当にカフェも多様化してきています。
そのため、自分の利用目的に合わせてカフェを選べるようにもなりました。
これからも色々なシーンでお世話になるカフェ、自分のお気に入りも探しておくと便利ではないでしょうか。


カフェにある飲み物の種類について

カフェには、いろんな飲み物や食べ物があります。種類が豊富なので、その時の気分で選べることがいいですね。飲み物も甘いジュースから苦いコーヒーまでお店によって種類数は異なりますが、いろんな味を楽しむことができます。

コーヒーの中で、カフェオレ・カフェラテ・カフェモカなど“カフェ”が付くコーヒーがいくつかあるのはご存知でしょうか?それぞれ、共通しているのがコーヒーを使って作られているということです。これからどんな違いなのか1つ1つご紹介していきます。

まず、カフェオレはフランス語でレは“ミルク”という意味になります。また、カフェラテはカフェラテの「ラテ」がイタリア語の“ミルク”を表すラッテからきています。

カフェオレもカフェラテもコーヒーにミルクを混ぜるという意味では同じなのですが、元のコーヒーが違っているのです。

カフェオレは、普通のコーヒーを使っていますが、カフェラテはエスプレッソを使っていることがほとんどです。

エスプレッソは、イタリアなどで飲まれているコーヒーであり、普通のコーヒーを作るドリップコーヒーと違い、短い抽出時間で高い圧力をかけて作られます。作るには専用のエスプレッソマシーンが使われるそうです。

エスプレッソは元々の豆も違いますし、作り方や味も違うので、普通のコーヒーと大きな違いがあるのです。また、凝縮されて作られるので、普通のコーヒーよりエスプレッソは量が少ないのです。

このエスプレッソにミルクを加えて作られるのがカフェラテなので、カフェオレとは違ったものになるのです。

また、カフェモカは、主にエスプレッソにスチームしたミルク、チョコレートシロップを加えたものです。

カフェラテと同じようにエスプレッソが基なのですが、そこにミルクとチョコレートシロップを加えるので味が違います。

チョコレートシロップの代わりにココアなどを入れるところもあるので、また少し違った味わいを楽しむことができるかもしれませんね。

コーヒー1つにしても、今ご紹介した3つに限らずいろんな種類がカフェなどで味わうことができるのです。他にもいろんな飲み物があるので、同じ種類の飲み物を店ごとで飲み比べてみるのも楽しいのかもしれませんね。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング資格講座Topへ