馬鹿にできない世界。インスタントコーヒーについて

カフェ

本格的に入れたコーヒーとは全くの別物なインスタントコーヒーですが、日夜研究が重ねられており年々技術と味の進歩が起きています。
そんなインスタントコーヒーですが、科学の発展により生まれた近代的な商品でもあります。
馬鹿にされることも多いインスタントコーヒーですが、詳しく見ていくと中々面白い世界なのです。

 

そもそもインスタントコーヒーとは?

そもそもインスタントコーヒーというのは、コーヒーの抽出液から水分を除去したものを粉末化したものです。
17世紀後半には開発されて居ましたが、貯蔵や保存が難しかったり製造が難しいなどで中々はってんせず、一般に普及しだしたのは1938年にNESCAFEがスプレードライ方式を生み出して以降と言われてえいます。

どのようにつくるのか
インスタントコーヒーの作り方としては、コーヒーをいれる所までは通常の珈琲と何ら変わりはありません。
その珈琲から何らかの方法で水分を除去をして商品となります。
どのよう水分を除去するのかと言うと方法としては、大きく分けて2つの方法があります。
現在一般的に行われているのが、ネスレが開発したスプレードライ方式と呼ばれるもので、高温の乾燥筒の中にコーヒーをスプレーして作られます。
この方法は冷たい水にも溶けやすく、量産性も高いのですが加工の途中で味や風味が落ちてしまうという問題があります。
そのため、アメリカでフリーズドライ方式でつくるインスタントコーヒーが生み出されます。
こちらの方法では一度凍らせたコーヒーから真空で水分を除去するということでで、スプレードライ方式に比べて味や香りは損なわれない傾向に有るのですが、量産性が劣る為多少高くなってしまいます。
そのためインスタントコーヒーでも、高級な
ものはフリーズドライで作られていることが多いです。

 

インスタントコーヒーの入れ方と保管方法

コーヒーを加工するということでどうしてもお味が落ちてしまうインスタントコーヒーですが、その手軽さはレギュラーコーヒーでは到底太刀打ちできない物です。
そんなインスタントコーヒーをおいしく飲む方法として有名なのは、適量のコーヒーを予め水で練っておきそこに適量のお湯を入れると言うものです。
一般的にはティースプーン二杯程度がカップ一杯の適量とされていますが、これはコーヒーによって微妙に違うのでしっかりと説明書を確認しましょう。
あらかじめ水で練るというのは均一に溶けやすくするためで、ほかにも少量のお湯であらかじめ溶かしておくという方法もあります。
お湯についてですがコーヒーを入れる際は80度程度がよいとされているので、沸騰したてのものではなくて多少冷ましてから使うようにしましょう。
インスタントコーヒーの保管方法は高温多湿ではなく直射日光が当たらないばしょに保管する程度の心構えで大丈夫です。
開封したものは賞味期限が1ヶ月程度と言われていますが、元々コーヒーの成分を乾燥させたものなので湿気って塊になっているものでもない限り飲むことは可能です。
ただ味は落ちてしまうのでなるべく早めに飲むようにしましょう。

インスタントコーヒーは、メーカーですらレギュラーコーヒーにはかなわないと認めている存在ですが、日夜研究がなされ味や香りも向上していますし?フレーバー月のものやカフェインレスなど通常のコーヒーでは出せない特性のものも多く存在します。
なのでインスタントと馬鹿にせずに、面白そうな商品などに手を伸ばしてみる事をおすすめします。

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る