自分にあったコーヒー豆を探す

コーヒー豆といえば、広告でよく宣伝文句となっているのが、その生産地です。この生産地によってコーヒーの味がどう違うのかはなかなかわかりません。そこで、自宅でもっともっと美味しいコーヒー淹れてみたいというコーヒー初心者の方に向けて、生産場所による豆の違いについて紹介していきます。

どんな種類があるのか

コーヒーには大きく二つの品種があり、それぞれ、アラビカ種と、ロブスタ種とよばれます。現在生産されているコーヒー豆のうち、その60%が、アラビカ種です。アラビカ種は、酸味があり、風味が良いです。そこから多くの品種が派生しています。一方で、ロブスタ種は、病気に強いですが、アラビカのように甘い香りや明るい酸味が出にくく、泥臭い味がします。

 

生産地による味の違い

コーヒーは現在世界60カ国の間で生産されていますが、主に、赤道を挟んだ北緯25度、南緯25度の間の、コーヒーベルトと呼ばれる地域で盛んにコーヒーが栽培されています。それぞれの産地によって次のような違いがあります。

コロンビア 

世界で3番目にコーヒーの生産量が多い国で、栽培されている品種の全てがアラビカ種で、甘い香りと、まろやかな酸味が特徴です。

パナマ 

アラビカ種から派生した高級品種「ゲイシャ」の生産地です。「ゲイシャ」は生産量が少ない珍しい豆で、フルーティーで華やかな香りと、柔らかな酸味とのバランスが良いことが特徴です。

グアテマラ 

中米を代表する産地です。標高の高い産地では、酸味やコクが豊かなコーヒーを楽しむことができます。

コスタリカ 

中米で最も早くコーヒー栽培を始めた国です。生産地では、標高が高い地域が多いですが、中でもタラスは酸味とコクのあるコーヒーで世界的に有名です。

ブラジル 

生産、輸出量ともに世界1位です。多くの産地は中米より標高が低いので、酸味が少ないことが特徴です。

ハワイ 

栽培される品種のほとんどが、「ティピカ」で「コナコーヒー」と呼ばれるコーヒーが有名です。苦味が少なく、甘い香りと柑橘系の果実のある酸味が人気です。

インドネシア

主にロブスタ種を栽培しています。よく耳にする「マンデリン」は、アラビカ種で、スマトラ島北部で生産されます。

ルワンダ

ルワンダはコーヒーの輸出売上が1位の国です。やわらかな柑橘系の酸味、甘み、クリーミーなコクが特徴です。

エチオピア

アラビカ種発祥地です。人口の20%がコーヒー産業によって生計を立てており、コーヒー大国です。上質な酸味と甘み、スパイシーな香りが特徴的です。

ケニア

品質の良い豆が取れる国です。酸味は強いですが、コクとのバランスが取れていることが特徴のすばらしい豆です。

タンザニア

小規模な農家が90%を占めていて、ほとんどが海外に輸出されます。「キリマンジャロ」という銘柄が有名で、酸味とコクのバランスがとれていることが特徴です。

 

さらにこれらの生産国の中で、栽培地の標高、豆の大きさ、欠点数、豆の大きさで、格付けが行われます。

 

まとめ

 今回は、コーヒーの生産地ごとにその違いをみていきました。豆の指標としては、酸味、苦味、コク、フルーティーさ、香りの甘さといった指標があり、主に、標高が高いところだと、酸味が多く、低いところだと、酸味が少ないということをイメージしましょう。初心者がいきなりこういった知識をいれようとしても、なかなかよくわかりません。敷居の高さを感じてしまった、という方は、まず、今自分が美味しいと思っているコーヒーの豆の種類がどこで生産されたものか知り、上記であげたような特徴と照らし合わせて、体感していくといいでしょう。そして、ビーンズショップ等で豆を購入するとなったとき、だいたいが産地ごとに販売されていますので、自分の好みの味を伝える手段として簡単に覚えていきましょう。

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る