美味しいコーヒーの入れ方

美味しいコーヒー

誰でも簡単に出来るコーヒーの入れ方

コーヒーを飲む時にどのようにして入れて飲んでいますか?
コーヒーを飲む人は美味しいコーヒーを飲みたいと思っている人は多いと思います。
お店で入れられるのと家で入れるのでは同じコーヒーでも違った味になることがあります。
同じコーヒー豆で粉にしたのになぜ?と思う人もいいるかもしれません。
その違いは何かと言うと入れ方なのです。
コーヒーの入れ方次第では美味しかったりそうではなかったりしてしまいます。
ではこれからコーヒーの入れ方について見ていきたいと思います。
参考にしてみてください。

レギュラーコーヒーの入れ方

レギュラーコーヒーはペーパーフィルターを使ったコーヒーの入れ方です。
専用のコーヒーメーカーとフィルターとお湯が必要です。
コーヒーメーカーにフィルターをセットしコーヒーの粉を作る量分フィルターの中に入れます。
そこに、沸騰したお湯を入れるのですが、その入れ方がポイントです。
真ん中から小さいらせんを描くように入れていき、らせんを徐々に大きくしていきます。
全体にかかるようにお湯を入れましょう。
一度全体にお湯がかかったら約20秒ほど蒸らします。
蒸らすことによってコーヒーの美味しさを引き立たせることが出来ます。
蒸らした後は必要な量だけ残りのお湯を入れていきます。

インスタントコーヒーの入れ方

インスタントコーヒーはただお湯を入れればいいと思っていませんか?
確かにお湯があれば簡単に出来るので誰でも作れます。
ですが、意外と難しいです。
それは、コーヒーの粉の量とお湯の入れる量をきちんと図らなければ味が変わってきてしまうからです。
インスタントコーヒーもお湯の量や準備次第で更に美味しくすることが出来ます。
準備として、コーヒーを入れる容器を温めておきます。
コーヒーの粉に対して何CCのお湯を入れたらいいのか作り方が書いてあるところがあるのでそれをみて何CC入れるのかを確認しその量を入れましょう。多すぎれば薄くなり、少なすぎれば苦くなってしまいます。

アイスコーヒーの入れ方

夏になると飲みたくなるのはアイスコーヒーです。
作り方としてはレギュラーコーヒーとインスタントコーヒーで同じように作ればいいですが、水の量に注意しなければいけません。
作る時には、水の量は少し少なめにします。
コップにコップ一杯氷を入れ、出来た熱いコーヒーを入れます。
熱いコーヒーを入れることで氷が解け足りない水の量を丁度良くすることが出来ます。

ドリップタイプのコーヒーの入れ方

一杯分のコーヒーを作るための粉が入っているので、お湯を入れるだけです。
ですがお湯の量を確認しその量を入れるようにしましょう。
一気にお湯を入れてしまうのではなく、一度全体にお湯をかけてから約10秒蒸らします。
その後、2~3回に分けて必要な量だけお湯を入れていきます。

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る