缶コーヒーは3種類

缶コーヒー2

自販機やコンビニで買う缶コーヒーには3種類があります。公正取引委員会が定める「コーヒー飲料等の表示に関する公正競争規約」では、缶コーヒーを次の3種に分けています。

①コーヒー

②コーヒー飲料

③コーヒー入り清涼飲料

3種類の違いは次のように規定されています。

①コーヒー  (内容量100gあたり)コーヒー生豆換算で5g以上のコーヒー豆から抽出したまたは溶出したコーヒー分を含むもの。

②コーヒー飲料 コーヒー生豆換算で2.5g以上5g未満のコーヒー豆から抽出または溶出したコーヒー分を含むもの。

③コーヒー入り清涼飲料 コーヒー生豆換算で1g以上2.5g未満のコーヒー豆から抽出または溶出したコーヒー分を含むもの。

要するに、100グラムの内容にどれくらいコーヒーの生豆が使われているのか、の違いです。缶の横には必ず「種類別銘柄」を表示することが義務づけられていて、そこに①、②、③のいずれかが表示されています。

この規定は缶コーヒーだけに適用されるのではなく、ペットボトル、紙パック入りのコーヒーでも同じです。戸外ではなく家庭で飲まれる紙パック入りのコーヒーの場合、3種類の差は価格にはっきりと反映されていて、種類別銘柄が「コーヒー」と表示されているものは、「コーヒー入り清涼飲料」の3倍以上の価格であることも珍しくありません。

缶コーヒーの「コーヒー入り清涼飲料」はどんなものがあるのでしょうか。缶コーヒーのトップブランド「GEORGIA」なら「プレシャスラッテ」「カフェ・オ・レ」がこれに分類されます。「BOSS」では「高原のボス」ですが、いずれも牛乳がたっぷりと入った商品です。

「無糖」「加糖」「微糖」「低糖」の違いもあります。こちらは「健康増進法」にもとづく「栄養表示基準」に規定されていてます。「加糖」は文字通り、糖類を加えた、という意味ですが、製品100mlあたりの糖類の分量で次のように区分されています。

ⓐ無糖 100mlあたり0.5グラム未満。

ⓑ加糖 100mlあたり0.5グラム以上。

ⓒ微糖、低糖 100mlあたり2.5グラム以下。

ⓒの微糖、低糖」も、ⓑの加糖に含まれます。

無糖なのに、なぜ100mlあたり0.5グラム未満の糖類が含まれていてもよいのかというと、その食品が加工される前から含んでいた糖類があるからです。コーヒーにも、微量ながら糖類は含まれています。製品に「ブラック」とうたえるのは、この無糖のコーヒーだけです。

これ以外の糖分の表示、「甘さ控えめ」などは、メーカー独自の表示に過ぎません。だから同じ「甘さ控えめ」をうたっていても、メーカーによって糖類の分量は異なります。

 

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る