科学的に証明されたコーヒーに含まれる快眠効果「安眠に効果的な4つの香り」

喫茶

目に見えない快眠パートナー「香り」

より良質な睡眠を作る為には、寝室レイアウトや電気の明るさなどを替える必要がありますが、目に見える物だけが快眠を促すとは限りません。 その一つとして、香りがあります。

効果の期待される香りは、人間の脳内分泌の促進・抑制を直接的に作用させるので、リラクゼーションには必須のアイテムとして利用されています。 脳に直接作用する事もあって、副作用などに恐れている方もいますが、錯乱や幻覚などの麻薬性の物ではなく、あくまでヒーリングとして使われる香りは人間の癒しに繋がるボタニカルな快眠グッズです。

そんな快眠に誘う香りの代表的な種類をお話していきたいと思います。

医療に使われる快眠ハーブ「ラベンダー」

睡眠効果があるとされ、ラベンダーの香りを含んだ寝具も数多くあります。 しかし、ひとつラベンダーと言っても、6種類もあるのをご存知ですか?

落ち着きたい時に効果的な種類として、シトラス系やウッディ系、ハーバル系が良いとされ、スポーツ試合など興奮したい時には、フローラル系やミント系、スパイシー系が良いとされています。

ロンドンで行われた研究結果では、睡眠薬を常用的に飲んでいた患者へ、睡眠薬の代わりにラベンダーの香りを嗅ぐ習慣を作ってもらい、しばらく経過観察すると、夜間徘徊もなくなり、目覚めも良くなったとの事。

更には、また別の被験者に同様のラベンダーの香りを嗅いでいただくと、通常よりも深い睡眠が確認され、ラベンダーの香りに快眠効果のある事が証明されました。

ヒノキのリラックスさせる成分「セドロール」

ヒノキで作られた浴槽や入浴剤でもあるように、ヒノキはリラックスをさせる効果のセドロールが含まれています。 このセドロールは、ヒノキのみならずスギにも含まれており、森林浴が精神安定に良いのはこういった物質が関係している可能性があるようです。

セドロールの効果は睡眠薬と匹敵する程の強い睡眠効果があり、被験者に寝る前の2時間、ずっとセドロールを嗅いで過ごしてもらった結果、入眠までの時間が短縮し、睡眠時間も長くなったそうです。

飲んではいけない「コーヒー」香りだけなら快眠効果・大

コーヒーの香りには脳の分泌物ではなく、アルファ波という脳波を変える働きがあります。 種類によって快眠に期待できる豆とそうでない豆があり、ブルーマウンテンやグアテマラはアルファ波を増やし、気持ちが落ち着くので、結果として睡眠に効果があります。

ハワイコナやマンデリンは、アルファ波を減少させてしまうので、緊張を促進させてしまいます。

西洋民間療法で活躍する玉ねぎ「硫化アリル」

玉ねぎは食べると辛くて目にもしみる、刺激的な食材ですが、香りや成分には硫化アリルという物質が含まれており、リラックス効果が期待できます。 西洋では眠れない人に対して、玉ねぎの香りを嗅がせて安眠にする民間療法もあります。

香りは効能あり

ヒノキやスギは花粉症の人にはたまりませんが、香りは睡眠効果があり、玉ねぎも刺激的な臭いや味なのにも関わらずリラックス効果があるなど、体内に摂りこむのと、摂りこまないのでは大きく効果が変わってくるのが不思議です。この香りをうまく使ってより良質な睡眠を見つけてはいかがでしょうか。

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る