知って得する!コーヒーの三大生産地とは

知って得する!コーヒーの三大生産地とは

コーヒーとひとことでいっても、お店にいくとたくさんの種類があって迷ってしまいますよね。どの国のコーヒーがどのような味なのか、どの地域のコーヒーが自分の口にあっているのかなんて、なかなかわからないと思います。

本記事ではそんなあなたのために、「産地別」に、コーヒーの特徴をざっくりとご説明します!

コーヒーの三大生産地ってご存知ですか?

コーヒーの三大生産地、それは生産地別にコーヒー豆の特徴をつかむ上でとっても重要なキーワードとなります。三大生産地とは、ラテンアメリカ、アジア・太平洋、アフリカの三つのことです。非常に大きな分類ですが、地域によって特徴づけることができます。

<ラテンアメリカ>

ラテンアメリカとは主に中南米諸国のことをさします。この地域では昔からコーヒーの栽培が盛んで、プランテーション化などもいち早く進みました。そのため、大量に生産して出荷・消費するという文化ができています。

その象徴が加工方法です。ラテンアメリカの国の多くは、水洗式(ウォッシュド)と呼ばれる方法で加工しています。この方法ではコーヒーチェリーから生豆を取り出す際に発酵過程を含みます。そのため、特有の酸味が現れ、ときにはチェリーのような酸味を味わうことができます。

ラテンアメリカ地域でも特にコーヒー栽培が有名なのはブラジルやコロンビア、コスタリカなどです。

<アジア・太平洋>

アジア・太平洋地域とひとことでいっても、中には島国が多く、それぞれ独自の文化があるため、なかなかひとことで表現することは難しいです。しかし、コーヒーとしての大きな特徴の一つは、コクが深いコーヒーが多いということでしょう。

特にインドネシアやパプアニューギニアなどはコーヒーを栽培する家庭が非常に多く、昔から文化が根付いています。インドネシアのスマトラ島やスラウェシ島、ジャワ島などはコーヒー栽培で非常に有名な地域です。また、コピ・ルアクという、世界で最も高級なコーヒーの一つが採れるのもインドネシアです。

個人的にはこの地域に属する、ハワイの「コナ・コーヒー」はオススメです。世界三大コーヒーのひとつともされており、世界的にも人気の高いコーヒーです。

<アフリカ>

コーヒーの起源はエチオピアからだと言われています(諸説あります)。

それほど古くからコーヒー栽培はアフリカの地域にとっては欠かせないものでした。アフリカのコーヒーの特徴を一言で言うなら、個性的であること。アフリカでは貧しいコーヒー農家が多く、水は貴重な資源でもあるため、水洗式加工法を用いることはめったにありませんでした。主流は乾燥式と呼ばれる加工法で、水を一切使わないため、発酵もしません。天日で乾燥させて水分を蒸発させるため、乾燥させる環境の周りの香りがコーヒーに染み込み、抽出した際の風味として現れます。この風味こそが個性であり、アフリカのお豆の特徴です。

最近では水洗式加工法を取り入れる農家が増えてきていますが、乾燥式加工法を用いたコーヒー豆は「ナチュラル」や「サンドライド」などという名称となり、高い人気を誇っています。いくつかのコーヒー豆を飲み比べようとお考えの方は、ぜひこのアフリカのお豆を飲まれることをオススメします。特徴がはっきりとしていて、コーヒーの違いがより鮮明に感じられますよ!

以上、簡単な「産地別」コーヒーのご紹介でした!

コーヒー資格取得検定講座

カフェ・コーヒーについて

コーヒー資格取得検定講座
少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ