知っていると役立つ!カフェ経営の基本と必要な資格

知っていると役立つ!カフェ経営の基本と必要な資格

カフェが好き、コーヒーが好きという方の中には、自分でもカフェを経営してみたいという人もいらっしゃるのではないでしょうか。では、カフェを経営するためには、どのような資格が必要なのでしょうか。今回はカフェ経営についての基本的な知識や資格についてご紹介します。

カフェ開業に必要な資格

カフェはレストランと同じ飲食店。不特定多数のお客さんに飲食物を提供するためには、いくつかの資格が必要になります。

食品衛生責任者 

食品衛生責任者は、食品衛生に関わる資格です。食中毒の防止や適切な飲食物の提供について、管理運営する責任を担っています。

飲食店の経営に当たっては、各店舗には必ず一人食品衛生責任者が必要になります。

資格の取得に当たっては、各自治体で行われている養成講習の受講が必要になりますが、すでに調理師や製菓衛生士などの資格を持っている場合や、大学で専門的な単位を取得している場合、講習が免除となることもあります。

また、食品衛生責任者の資格を持っているのはオーナーや店長である必要はありません。そのため、カフェを経営するときには、自分で資格を取得する以外にも、すでに資格を持っている従業員を雇用するという方法もあります。

防火管理者

防火管理者は不特定多数の人が出入りする施設において、火災の発生を予防する責任を持った人に必要な資格です。

施設の収容人数が30人を越える場合に必要な資格なので、もしオープンを予定しているカフェの席数が三十を超える場合、この資格を取得しなければいけません。逆に自宅を改装してカフェをオープンさせる場合や、客席数が三十に満たない場合であれば、資格の取得は必要ありません。

また、防火管理者の資格は施設の延べ床面積によって甲種と乙種が異なります。

防火管理者の取得にも、講習の受講が必要になります。

あると便利な資格

カフェの経営に必要なのはすでに紹介したふたつの資格ですが、その他にもあると便利な資格があります。

調理師免許

勘違いされやすいポイントですが、カフェの経営にはどうしても調理師免許が必要というわけではありません。調理師免許とは、料理に関する専門知識を学んでいるという証明になるものなので、飲食店に就職するときには有利になりますが、カフェ経営についてはどうしても必要というわけではありません。

しかし、調理師免許を持っていると、お客さんからの信頼感がアップするだけでなく、個性的な料理を提供するためにも専門知識があるという証明にもなります。

調理師免許を取得するためには、調理師学校に入学して規定の過程を修了するか、二年以上の飲食店での実務経験を経たあとに、調理師免許の試験に合格する必要があります。

調理師学校に行く予算や時間がないという場合、後者の方法が現実的ですが、調理師試験の合格率は約六割程度となっているため、もし受験を行うときにはしっかりとした対策が必要と言えるでしょう。

コーヒーマイスター

もしコーヒーを中心に提供するカフェを目標にしているなら、コーヒーマイスターの資格取得がおすすめです。コーヒーマイスターの資格は、コーヒーについての基本的な技術や知識の習得をベースにしたもので、日本スペシャリティコーヒー協会が主催する養成講座を修了し、認定試験に合格することが必要になります。

資格を取得すると、エスプレッソやドリップ、サイフォンといったコーヒー抽出の技術実習などにも参加できるため、より高度な技術の習得も可能になります。

コーヒー鑑定士

コーヒーに関する資格には「コーヒー鑑定士」というものもあります。コーヒー鑑定士はコーヒー豆の鑑定を主な仕事としていて、輸入された豆の優劣判定する技術を身につけたことを証明するものとなります。

コーヒー豆は一流の産地から送られてきたものでも品質にばらつきがある場合も多く、化学的に分析することが難しいため、人間の感覚に頼る部分が多いと言われています。

南米などでは一般的な資格ですが、まだまだ日本では普及が進んでいないということもあり、コーヒー鑑定士は希少な存在。もしコーヒー鑑定士の資格を取得すれば、きちんとしたコーヒーを味わえる店としての信頼感をアップさせることにつながるでしょう。

経営に関する資格

小さなお店と言えども、カフェを経営するためには様々な専門知識が必要となります。

そのため、経営に関する資格を取得しておくとカフェ経営には非常に役立ちます。

なかでもおすすめなのが簿記の資格。簿記は仕入れや売り上げなどのお金を管理するための方法。ただ単に、金銭の状態を管理するだけでなく、税金の支払いを行うとき、優遇措置を受けられる青色申告にも必要になります。税金の申告は税理士に依頼しても構いませんが、その費用を節約したいというときには自分で行えるため、簿記の資格を持っているととても便利です。

簿記の資格で代表的なものは日商簿記で、一級から三級までありますが、特に三級は簿記の基礎を身につけることができると言われています。

そのため、まず経営の知識を身につけたいという場合やカフェ経営に役立てたいという場合、日商簿記三級の合格を目指して勉強をするのがおすすめです。

資格取得の勉強は専門学校や通信教育など様々なものがあるので、自分のライフスタイルに合った勉強の方法を選ぶとよいでしょう。

集客の幅が広がる資格

実はカフェの経営に関する資格の中には、取得しておくと集客の幅が広がる資格も数多く存在します。

メディカルハーブ検定

メディカルハーブ検定は、メディカルハーブについての基礎知識を身につけ、ハーブの魅力をより身近に楽しむために作られた資格です。メディカルハーブとは、人の健康や生活に役立つハーブの総称で、メディカルハーブ検定を取得すると、ハーブの薬効成分や人に与える影響などについて詳しく知ることができます。

ハーブとカフェ経営には一見関係がないように思えるかもしれませんが、もしカフェでハーブティーなどを提供したいと思う場合には、非常に便利な資格です。

健康志向のカフェや、ロハスやナチュラルライフに興味がある人をお客さんとして取り込みたいという場合にはおすすめです。

ワインアドバイザー

ワインアドバイザーは日本ソムリエ協会が主催する認定資格です。もしカフェでワインなどを提供したい場合、お酒の知識を持っているとお客さんにおすすめすることも容易になるため、非常に便利な資格です。

なお、お酒に関する資格にはビールについての知識やサービスの手法を学べる「ビアアドバイザー」、日本酒に関する知識を深め、日本酒のソムリエとも言われる「唎酒師」などの資格もあるため、自分のお店のスタイルや提供するものによって、取得する資格を選ぶことも可能です。

占いやマジックなどの趣味やパフォーマンス系

現在、多くのカフェが登場していることから、単に飲食物を提供するだけでなく、雑貨店や書店など別の業態とカフェを組み合わせるスタイルのお店も増加しています。

もし自分の趣味や知識などを活かした分野とカフェを組み合わせることで、さらに多くの集客が期待できるもの。たとえば占いやマジックなどの趣味やパフォーマンス系との組み合わせなど、まず得意分野の資格を取得することもおすすめです。

まとめ

カフェ経営はやりがいがあると同時に、長期的な計画も必要です。カフェ経営に向けた準備を進めつつ、資格の取得にも目を向けてみてはいかがでしょうか。

 

 

コーヒー資格取得検定講座

カフェ・コーヒーについて

コーヒー資格取得検定講座
少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ