珈琲という漢字を当てた人物とは

珈琲という漢字を当てた人物宇田川榕菴 コーヒー

コーヒーを漢字で珈琲と書くのは、江戸時代までさかのぼります。この漢字を当て字にしたのは、宇田川榕菴(うだがわようあん)という蘭学者です。幕末期に活躍した当時の著名な蘭学者で、多くの蘭学書を残しています。

津山藩の藩医の養子となった榕菴は、長崎の出島を訪れ、そこでオランダ商館長と面会する機会を得ます。その際にコーヒーを出されました。榕菴は学者らしくこの未知の飲み物に興味をもちます。その経験と見聞ををもとに、『哥非乙説』(こひいせつ)という、コーヒーを紹介する書物を著します。これが日本初の、日本人によるコーヒーに専門書だと考えられます。

この書物ではコーヒーを「哥非」と当て字しています。現代でも「哥否」と表示する店がありますが、これも宇田川榕菴から始まると考えていいでしょう。

珈琲の一字目の漢字「珈」は「ケ」または「カ」と発音して、訓読みでは「かみかざり」と読みます。その意味も髪飾りです。二字目「琲」は「バイ」「ハイ」と読み、「つらぬく」を意味します。合わせると「髪飾りをつらぬく」となります。赤いコーヒーの豆がかんざしに似ているところから、この字を当てたという説もありますが、定かではありません。

当時の漢字の読みでは、珈琲は「カハイ」となります。オランダ語でコーヒーはkoffie、「コーフィー」です。コーヒーが日本にもたらされのは、オランダ経由であることは間違いがないので、宇田川榕菴は「コーフィー」をなんとか漢字に当てて「カハイ」、珈琲としたと想像できます。

もうひとつ当て字、「哥非」の「哥」の読みは「カ」もしくは「コ」、「非」は「ヒ」だから「哥非」の読みは「カヒ」か「コヒ」となります。

「珈琲」の字を宇田川榕菴が造語したことから、津山藩があった大垣市が日本のコーヒー発祥の地に名乗りをあげました。しかし津山藩でも江戸詰の藩医で、しかもその養子だった宇田川榕菴が大垣市を訪れた史実はありません。形は藩医でも、宇田川榕菴は事実上、大垣と無縁だったことから、この話は立ち消えになったようです。

宇田川榕菴は、長崎出島のオランダ商館の医師だったシーボルトと親交があり、当時の最新の知識を貪欲に吸収しています。コーヒーもそのひとつでした。

また新しい言葉を造ることにたけていました。現在、当たり前に使う酸素、水素、窒素、炭素、白金といった化学用語は宇田川榕菴がオランダ語を翻訳して漢字を当てたもの。細胞、属という生物学用語も宇田川榕菴によるものです。

 

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る