玄人向け やっぱりネルドリップがおいしいは神話

ネルドリップで淹れたコーヒー

昔、日本の喫茶店ではネルドリップでコーヒーを淹れるのが主流でした。今やコーヒーの専門店でもペーパードリップを使うのがほとんどで、ネルドリップを使っている店は滅多に見ません。

ネル生地で作られた三角形の袋に挽いたコーヒー豆を入れ、そこにお湯を注いでコーヒーを淹れるのがネルドリップです。

ネルドリップには欠点がありました。手入れに相当な手間がかかるということと、おいしく淹れるには、繊細かつ高度な技術が求められるということです。

手入れに関すると、ネルの袋は洗剤で洗ったりしません。洗剤の匂いが移るからです。強く洗うとネルの起毛が劣化するので、やさしく湯か水で洗います。またネル生地にわずかに残った成分が酸化してしまうので、乾燥させません。清潔で、ほどよく湿ったまま、次に使うまで保管しなければいけませんでした。この場合、絞るとネルを傷めるので両手で叩いて水を切り、湿り気を残したまま暗い場所に保管するという方法がありました。水に浸したまま冷蔵庫に保管するという方法もありましたが、その場合は枠の鉄がかすかにでも酸化したり、水のカルキ臭が移ってしまう恐れがあるので、この方法は避けるべきという説もありました。

喫茶店など大量にコーヒーを淹れる業務用では、ネルの消耗と劣化が早く、かなり頻繁に新品と交換する必要もありました。さらにおろしたての袋は漂白剤の臭いが残っているので、一度、コーヒーに浸して、さらに洗ってから使うという手間をかけることもあったのです。

ネルの起毛した側を内側にするのか外向きにするのかでも結果が違い、それを豆の銘柄、状態によって判断するプロもいました。

またネルドリップは淹れかたをマスターするのに時間がかかり、上手下手が際だってしまうのです。

このネルを使い捨ての紙にしたのは画期的なアイデアです。ペーパードリップの出始めのころは紙の臭いがコーヒーに移るという難点が指摘されましたが、それも近年は解消されました。

それではもうネルドリップの出番はないのでしょうか。しかし「やっぱりネルドリップがおいしい」というコーヒーマニアは今も少なくありません。ペーパーに比べてまろやかで、コーヒーの風味も強いというのです。ネルの起毛が雑味を吸収するからなど、その理由はいろいろと言われますが、決定的な説はありません。業務用に限った話ですが、コーヒーは一度にある程度以上の量を淹れた方がうまいと昔から言われています。それが事実だとすると、大きなネルの袋で淹れた昔のコーヒーの方がおいしかったのかもしれません。ただし、肝心の使われる豆の質に関していうと、昔と今では比較にならないほど今の方が良いのです。昔のネルドリップのコーヒーの味と今のペーパードリップの味を単純に比較することはもう出来ません。

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る