水出しアイスコーヒーを美味しく淹れる方法

自宅で美味しいコーヒーを妥協せず楽しみたいけれど、自分にとってどんな方法で入れるのがベストなのかわからない、というコーヒー初心者に向けて、専用器具を使わず、水出しポッドを使用した水出しアイスコーヒーの抽出方法を紹介していきます。

アイスコーヒーの特徴

 アイスコーヒーその淹れる方法から大きく分けて2つの方法があります。1つ目は、今回紹介する水で抽出する方法でこちらが水出しアイスコーヒーと呼ばれます。2つ目は、通常のホットコーヒーを淹れる方法で抽出して冷やすという方法です。これら2つの主な違いは、味とかかる時間です。前者は水で抽出するため。コーヒーの成分を溶解するのに時間がかかります。そのため長時間かけて抽出し、甘めのまろやかな味になります。それに対して、後者はいつものドリップ方法でドリップするため、短時間でできて、酸味、甘みそして、切れのある味わいになります。またドリップ後の冷やし方として、できたものに氷を入れて冷やす方法や、冷蔵庫で冷やしていくといった方法がありますが、氷を入れる場合には、薄まることを想定して濃い目にドリップするといったコツが必要です。

用意するアイテム

 用意するものはドリップポッド、ハリオ式水出しコーヒーポット(出来上がり容量1ℓ)、及びはかりです。豆は、アイスコーヒー用にブレンドされたものが販売されており、アイスコーヒー用でしたら、深煎りの豆が多いかと思われます。もちろん自分の好きな豆を使用しても大丈夫です。

水出しアイスコーヒーの淹れ方

  • まず、中のストレーナーに挽いたコーヒーを80g入れて、平らにならし、ポットにセットします。細引きですと、微粉が混ざってしまう可能性があるので、中挽きがおすすめです。
  • 少量ずつポットで水を注ぎ、粉全体が湿るようにします。30秒ほど蒸らした後、サーバーにコーヒーが落ちてきたら、ヘラで粉全体を混ぜましょう。このとき粉が飛び散らないように注意してください。その後渦を巻くように水を注ぎます。今回使用するサイズのものでしたら、合計1150mlほどの水を入れます。
  • スプーンなどでゆっくり粉をかき混ぜてふたをします。それから冷蔵庫にいれて、およそ8時間抽出します。抽出後はストレーナーを外して完成です。

まとめ

 今回は、アイスコーヒーのうち、水出しアイスコーヒーの抽出方法を紹介しました。ドリップしたものを冷やす方法と比べて、水で抽出するため、時間をかけてゆっくり抽出すること、そしてまろやかな味わいになることが大きな特徴です。淹れる際には蒸らしが重要となります。

水出しアイスコーヒーというと、これまた初心者にとっては敷居が高く感じられそうですが、前日に仕込んでおくだけで簡単にできます。また、ティーバックのように水出しアイスコーヒーを作る方法もあり、こちらでも手軽に作れます。器具を無駄に買いたくないという方は、まず、ドリップしたものを冷やす方法で手軽に楽しんでみてもいいです。それでも一度は水出しのまろやかさを味わっていただきたいです。前日にまとめてつくっておくことで暑い日に、ごくごく飲めるのも水出しアイスコーヒーの利点です。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ