本格的にコーヒーを楽しむ!スペシャルティコーヒーとは

スペシャルティコーヒーという言葉を聞いたことありますか。初心者の方が聞いても、すごく高級感のある美味しいコーヒーなのだろうというイメージしか沸かないかもしれません。今回は、初心者にこそ知ってほしいスペシャルティコーヒーについて紹介します。

スペシャルティコーヒーとは

現在コーヒーはどんな場所においても手軽に楽しむことができています。しかし、あなたが美味しいと思って飲んでいるコーヒーは実はとんでもない粗悪な豆とブレンドしたものかもしれません。

それでは、本当に品質のよい豆とはどういうものを指すのでしょうか。コーヒーは生豆ごとに品種がことなり、栽培場所に応じてもその風味は特徴があります。そんな中で出てきた新しいコーヒーの基準が、スペシャルティコーヒーです。この考え方は、コーヒーの生豆を品質によって評価しようという考え方を指します。これを具体化したのが、SCAA(アメリカのスペシャルティコーヒー協会)基準と呼ばれています。品質評価の基準は、栽培管理、収穫、生産処理、選別、品質管理が適正か、欠点豆の混入が無いか、といった基準で判断されます。そして、きわめて品質の高い生豆が、スペシャルティコーヒー、次にプレミアムコーヒー、汎用品としてコモディティコーヒー、低級品をローグレードコーヒーと評価されます。しかし、これも必ずしも絶対的な国際評価基準ではないというのが現状です。

日本におけるスペシャルティコーヒー

 日本においても、2003年からSCAJ(日本スペシャルティコーヒー協会)が設立され、スペシャルティコーヒーの認知度が大いに広まりました。1990年代までは、輸出規格が最高であるというのが、良いコーヒーだとされていたのです。そこで、高品質なコーヒーを求める動きが日本でも現れました。この動きにより、日本のコーヒー全体の質が上がり、手軽に良質なコーヒーを飲むことができるようになりました。

ちまたでよく聞く○○コーヒーの正体

コーヒーの名称でよく聞くけれど、品質の良さを表すか、いまいちわからないコーヒーについて解説します。

有機コーヒー

農薬を使わない、良質な土壌で育てたコーヒーのことを指します。この表示があるということで、品質というよりは、消費者が安心感を得られ、自然と共存することを考えたコーヒーであることを示しています。

認証コーヒー

オランダにおいて設立された団体によって労働者への賃金といった社会面、農薬管理などの環境面のすべてにおいて、よいコーヒーと認められたコーヒーのことです。生産工程における信頼性が担保されます。

フェアトレードコーヒー

公正貿易のことを指します。小規模農家のコーヒーは、価格の変動によって、生活を脅かされます。そうした農家に対して、最低買い付け金額を保証し、生産者の生活を守り、コーヒーの品質を守ろうという動きのコーヒーです。

まとめ

 今回はスペシャルティコーヒーについて紹介しました。これは、品質の良いコーヒーを指す言葉です。この基準は普遍的ではないものの、ある一定の基準を設けたことで、コーヒー全体の質の底上げに寄与することになり、コーヒーの初心者も美味しいコーヒーにたどり着く、一歩となったと言っても過言ではありません。

他にも、コーヒーの持続可能性を考えたコーヒーのブランドが、多く出てきて、コーヒーを守る動きも盛んです。

コーヒーに親しんでいく上でこうした知識も不可欠ですので、心にとどめておくと良いでしょう。

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る