本当のモカの意味って?

コーヒー

「モカ」の由来とは?

コーヒー豆の銘柄にも多く用いられているモカ。最近では、銘柄のみではなくカフェモカなどのドリンク名やモカソフトクリームなどスイーツでもよく目にするのではないでしょうか。コーヒーフレーバー=モカというイメージを持っている方も多いと思います。

モカの由来はイエメンにある港、「モカ港」にあります。

イエメンの南西岸、紅海に面する小さな港町「モカ」は昔、アラビアで産出されたコーヒーを輸出する、重要な場所でした。モカ港は1800年代から沖合に土砂が堆積して砂地ができたため、港としての役目を終えましたが、コーヒー豆の名称として今もなお残っています。

「モカ」と一言にいっても様々な豆があります。エチオピアの東部にあるハラー州で生産されるコーヒー豆を「モカ・ハラー」、イエメンのバニー・マタル地方で収穫されるコーヒー豆を「モカ・マタリ」といいます。現在ではこの二国で栽培されるコーヒーの多くが「モカ」という名前を冠しています。

 

こうしてコーヒーの歴史の中で重要な国として語り継がれるモカ港、そしてイエメン。実はイエメンでは、コーヒー豆の栽培は盛んなものの、私たちが口にする、コーヒーはほとんど飲用されていないのです。イエメンではコーヒーの見を豆から取り出したあと、皮を乾燥させた「ギシル」というものを煎じ、粉末状のショウガと砂糖で味付けしたものを飲む習慣があるそうです。

 

モカの特徴

独特の酸味が印象的です。強い香りがあり、口当たりもやわらかく、日本でも人気の高いコーヒーの一つとされています。中には「酸っぱい」というイメージを持っている方もいるかもしれませんが、それはモカの中でも低級品を(多くの場合はブレンドして)使っているためです。上でも説明したように、モカは非常に幅広いコーヒー豆の種類です。一概にモカといっても決して一つの地域や一つの品種を指しているわけではないのです。

 

しっかりとこだわり、厳選されたモカには、他のコーヒーと比べた時に魅力的な香りを強く感じることができます。その香りはまるで果実のようで、まさにアフリカやイエメンのコーヒー豆の特徴といえるでしょう。

焙煎具合はそれほど深すぎない、「ハイロースト」や「シティロースト」が一般的です。そのためコクが強いといった印象よりも、軽めの印象が強いのではないでしょうか。

 

最高級モカコーヒー「モカイルガチェフェ」

最後にモカコーヒーの中でも最高級のとしてよく扱われている「モカイルガチェフェ」について少し触れたいと思います。イルガチェフェはエチオピアにある村の名前。ここで生産されるコーヒーは、モカの中でも特に人気なのです。ほどよいコクと、モカならではの甘くトロピカルな果実の香り、すっきりとした酸味が特徴です。時間とともに香りや酸味は変化し、一杯のコーヒーの中からいくつもの表情を楽しむことができます。お土産や贈り物としての人気も高く、ワインのようにボトルに入れて販売されているコーヒーもあります。もちろん日本だけでなく、ドイツなどのヨーロッパ地域やアメリカでも非常に人気が高く、高値で取引されています。加工方法には水洗式が用いられています。

 

一度飲んだらやみつきになる本物「モカ」。ぜひ一度味わってみてください!

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る