最近話題の大豆コーヒーとは一体?

コーヒー

穀物コーヒーが話題に

健康志向が高まるこの頃。最近では、コーヒーにも新しい商品が続々と登場しています。

穀物コーヒーもその一種。大豆やチコリなどの穀物を焙煎して、粉末にしたコーヒー風味の健康飲料のことです。見た目はコーヒーそのものですが、味はコーヒーと紅茶の中間ほどといわれています。焙煎しているので香ばしい穀物の香りが味わえる飲み物です。また、通常のコーヒーほど苦味がないため、子どもでも飲みやすいといった特徴があります。

また、穀物は陽性のため、身体を冷やすことなく飲むことができるんですよ。

 

大豆コーヒーって知ってますか?

数ある穀物コーヒーですが、その中の一つが大豆コーヒーです。

 

大豆コーヒーはその名の通り、大豆を使ったコーヒーです(笑)。

通常はコーヒーの木からコーヒーチェリーをとり、皮をむいて生豆を取り出し、焙煎したものを抽出します。

大豆コーヒーはコーヒーチェリーを使いません。大豆をコーヒーチェリーの代わりとして使用するのです。大豆を焙煎して作るため、大豆コーヒーにはカフェインは含まれません。そのため、カフェインを摂りたくない方や妊婦さん、夜にコーヒーのような温かいものを飲みたくなる人にはもってこいの飲み物なのです。

 

インターネットで「大豆コーヒー」と調べると、家庭で簡単に作る方法なんかも載っていたりします。私が飲んで美味しかったのは「オーガニック大豆珈琲」という粉末状のものでした。HPによると、原材料は金沢大地の有機大豆100%。焙煎は地元金沢のコーヒー焙煎のスペシャリスト「金沢焙煎工房」とともに開発した、と書いてあります。

 

粉末状で、お湯を入れるだけで飲めるのですが、入れて見るとびっくり。カフェオレのような、コーヒーの色合いになるのです。見た目はカフェオレ、香りはきなこを連想させる、大豆の香ばしい香り。

ほんのり優しい甘みがあって、通常のコーヒーのような苦味はありませんでした。冬場に飲むとほっこり体の芯から温まりそうです。

 

私は牛乳で割ったり、お湯でそのまま飲んだりしていたのですが、いくつかのアレンジメニューも紹介されていました!豆乳を加えて作る「ソイラテ」や、アイスクリームにかけるトッピングとして、さらにはお砂糖やはちみつを入れて、甘いコーヒーにして飲むのもオススメだとか。

 

パンケーキやクッキーなどの製菓材料としても使えると書いてありますので、飲む以外の楽しみ方もたくさんできそうです!

 

大豆コーヒーのメリット

大豆コーヒーには通常のコーヒーにはない効果が期待できます!

例えば「大豆イソフラボン」。テレビCMや雑誌等でもよく耳にしますが、この成分はポリフェノールの一種で、「美白効果」が期待できるそうです。また、更年期障害の予防および緩和、さらには抗ガン作用なんかも注目されているそうですよ。

毎日豆腐や納豆を食べたりできればいいのですが、なかなかそうはいかない人にとっては、飲みながらこういった効果も期待できるようです。

 

まとめ

たくさんの穀物コーヒーの中でも、本記事では大豆コーヒーにフォーカスしてみました。

新しいコーヒーという概念が広がってさらに楽しみ方が増えていきそうで、ワクワクします!自分なりにアレンジを加えて、美味しい穀物コーヒーをいただきましょう!

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る