新鮮さが命。コーヒーの保管方法について

コーヒー

どれだけ美味しくて珍しいコーヒーでも、劣化してしまえばインスタントコーヒーにも負けてしまう味にしかなりませえん。
ただ逆に多少日にちが立ったもののほうが美味しいということもあるのがコーヒーの世界です。
そこでここではコーヒーの鮮度と保管方法についてまとめてみました。

 

コーヒーは日が経つと味が落ちる

まず保管方法の前にコーヒーで大切な事として、コーヒーは何よりも鮮度が大切であるということが言えます。
焙煎された時からコーヒーの香りというのは徐々に劣化を始めます。これは保管方法の工夫である程度は止めることができるとは言え完、家庭で完全に防ぎ切ることは無理です。
なので通常の家庭であればどれだけ豆の保管方法を心がける方でも、挽かれた粉であれば二から三週間、豆のままであれば二ヶ月以内には消費し切ることを心がけってください。
ただ、味や質は落ちますがしっかりと保管していれば古くても体に害がでるようになるというわけではありあませんし、苦手な味のコーヒーなどはあえて置いて起き味の変化に期待するという方法もあります。

 

直射日光がない冷暗所に保管する事

それでは具体的な保管方法ですが、コーヒー豆というのは高温多湿と直射日光に非常に弱く、また香りが移ることも多いものです。
なので気温が安定している冷暗所に密封容器に入れて保管しましょう。
一般的に一番適していると言われているのが冷凍庫で、家庭であれば食品保管庫などもこの条件に適している事が多いのでおすすめです、
注意点としては、冷蔵庫は条件としては合うのですがあまりおすすめしません。
冷蔵庫は排気などで冷蔵庫特有の匂いがしますし、匂いがきつい食べ物なども多い場所です。
なのですぐ消費する分を小分けして置いておくのっであれば良いですが、基本的には冷凍庫を使うようにしましょう。

 

粉より豆のままの方が長持ちする

保管の際の方法としては豆であっても、挽いた粉であっても基本は同じです。
しかしコーヒーの豆に比べて粉の方が酸化のスピードが早いため、同じように補完していても粉のほうが早く劣化します。
なので何らかの理由で長期の保管を行いたい方であれば、粉として買うのではなく豆を購入して保管するようにしましょう。
ただし豆であったとしても長く見積もって二ヶ月程度しか香りや味は持たないので、なるべく早めに消費することをおすすめします。

 

生豆は数年単位で持つ

因みに、劣化しやすいのは焙煎したコーヒー豆であり、生豆はまた事情が異なります。
生豆であれば通気性がよい冷暗所に保管しておけば数年単位で保管することができます。
古い豆は豆本来の個性が薄れる代わりにまろやかな珈琲らしい豆になると言われており、ブレンドなどの分野ではわざと古い豆を混ぜることがあります。
何らかの事情で数年単位の保管を考えているのであれば、焙煎した豆を買うのではなく生豆と家庭用焙煎機を購入しておくというのっも1つの手です。

美味しい珈琲を飲む一番のポイントは鮮度がよいコーヒー豆を選び、適切な入れ方で劣化する前に楽しむことです。
とはいっても、中々計画通りに消費できないということも多いというのもまた事実です。
そんな時はしっかりと保管して、少しでも劣化を防ぐように心がけましょう。

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る