幻のコーヒー、コピ・ルアクっていったい何?

コピ・ルアクとは?

あなたはコピ・ルアック(以下コピ・ルアク)というコーヒーをご存知ですか?数あるコーヒーの種類の中でも最も貴重で高級なコーヒーの一つとして知られるコピ・ルアクは、有名映画のいくつかにも登場しています。なぜ、これほどまでに人気なのか。その答えは、その製造方法にあります。

コピ・ルアクはインドネシア語でKopi Luwak と書きます。Kopiはコーヒーのこと、ではLuwakは何でしょうか。これはマレーシアジャコウネコのことを指します。

コピ・ルアクは、ジャコウネコの糞から採れる、未消化のコーヒー豆のことです。

熟したコーヒーチェリーをジャコウネコが食します。その際に身の部分は消化されるのですが豆は消化されずにそのまま排泄されます。この排泄物を洗浄し、コーヒー豆だけを取り除いたものをコピ・ルアクというのです。

ジャコウネコのお腹の中で、コーヒー豆は消化酵素の働きや腸内細菌によって発酵されます。この発酵過程がなんともいえない独特の風味を生み出すのです。

野生のジャコウネコはコーヒーチェリーを選ぶ際、どのようなものでも区別なく食べるのではなく、真っ赤に熟したコーヒーチェリーだけを選んで食べるそうです。この野生の勘によって選ばれたコーヒーだからこそ、より一層の価値がつくのです。

近年ではあまりの人気とその製造過程から、流通量が非常に少なくなっており、値段も高騰しています。一般的なコーヒー豆は100gあたり500円前後のものが多いですが、コピ・ルアクの場合は、100gあたり数千円~1万円程度するものまで。日本国内の喫茶店で取り扱っているお店もあるようですが、1杯数千円ほどします。

そのため、より安価なものとして、飼育されたジャコウネコの糞から採ったコピ・ルアクや、タヌキなど別の動物に同様にコーヒーチェリーを食べさせ、糞からコーヒー豆を収穫する、「タヌキ・コーヒー」も増えているようです。

コピ・ルアクといってもその風味は実にさまざまで、採れた場所によっても、元々のコーヒー豆の品種によっても大きく味が異なります。私が一度口にしたコピ・ルアクは、香りが何ともいえない甘みをもち、それだけで感動を覚えました。また、口に入れると華やかな酸味があり、ほのかなコクとバランスが口の中いっぱいに広がり、後味は実にすっきりとしたコーヒーでした。多くのコーヒーを口にしてきましたが、あれほどの衝撃と感動を受けたコーヒーは他にありませんでした。

コピ・ルアクを飲む方法

コピ・ルアクは先に述べたとおりとても流通量が少ないです。

インターネットではコピ・ルアクを販売しているサイトを見つけることができます。しかし、本物かどうかの判断はなかなか難しいようです。

実際に喫茶店で販売しているところもあります。こういったお店では、現地に行って確かめてから購入しているケースが多いですので、インターネットよりも信頼性が高いかと思います。

また、よりドリップタイプのものであればより安価な価格で手に入れることもでき、一杯ずつ楽しむこともできます。一度だけ味わってみたい方にはオススメです!

世界一高級なコーヒー「コピ・ルアク」。あなたもぜひ一度試してみてください。

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る