奥が深い!エチオピアとコーヒーの関係

コーヒー

現在世界的に愛飲されているコーヒーが発見されたのは、エチオピアだったと言われています。カルディという一人の少年が飼っていたヤギが、コーヒーの実を飲んだ後からみるみるうちに元気になったことから、人間が飲むようになったという伝説が残っているのです。

コーヒー始まりの地、エチオピア。コーヒーを語る上では欠かせないエチオピアとコーヒーの密接な関係をご紹介します。

 

エチオピアのコーヒーの特徴

エチオピアはアラビカ種コーヒーの原産地とされており、現在でも非常に有名なコーヒー豆が数多く生産されています。

「シダモ」や「イルガチェフェ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。両方ともエチオピアにある有名なコーヒー生産地域の名前です。

どちらもアフリカならではの果実味あふれるコーヒーです。トロピカルやフローラルと表現されることも多いすね。

甘い香りがつくのは、コーヒーの木の周りに果実の木があるから。広大な自然の中で育ったコーヒーの豆には周囲の様々な香りが吸収されて、風味として広がるのです。

水が不足している地域では、コーヒーチェリーからコーヒー豆を取り出す際、水を一切使わない「乾燥式」や「ナチュラル」と呼ばれる加工法が用いられます。この過程では外でお豆を乾燥させるため、より一層個性的な香りや風味が生まれるのです。

「ナチュラル」と呼ばれるコーヒーは日本のコーヒーショップでも多く取り扱われています。一度口にするとまさにエチオピア、アフリカのコーヒー豆の素晴らしさを感じることができるでしょう。

 

コーヒーセレモニー:カリオモン

エチオピアの人々には日常的にコーヒーを飲む習慣が古くから根付いています。「カリオモン」と呼ばれ、日本でいう茶道にあたります。

Kariはコーヒーの葉、omonは一緒に飲む、という意味で、長い時間をかけてゆっくりと、人々が集まってコーヒーを味わいます。簡単に手順を説明します。

 

  • まず最初に、花屋青草を床にひき、カップを置く台と七輪を用意します。
  • 松脂や乳香などで作られたお香を焚きます。
  • コーヒーの生豆を鉄製の鍋に入れ、水を入れて洗った後、火にかけます

※エチオピアでは生豆からコーヒーセレモニーを始めます。日本では当たり前のように焙煎されたコーヒー豆が手に入りますが…。

4.客に煎り上がった豆の香りを嗅いでもらいます。

5.豆を臼(ムカチャ)と杵(ザナザナ)ですりつぶして、粉状にします。

6.ポット(ジャバナ)にコーヒー粉と水を入れて、沸騰させます。

7.沸騰したらカップにコーヒーを注ぎ、再びポットに戻します。これを繰り返すのです。

 

1煎目をアボルといい、少量を大地に注ぐ真似をするか、別の容器に出したあとにカップに注ぎわけます。現在は砂糖や乳をコーヒーに入れるのが一般的ですが、昔は塩を入れていたそうです。

2煎目をトーナ、3煎目をバラカといいます。バラカは祝福を意味する言葉で、カリオモンに迎えてくれた家族や村のことを祈りながらコーヒーを口にするそうです。

 

この一連の儀式は、1~2時間程かかるそうです。いかにコーヒーに思い入れがあるのかを感じさせてくれますね。

 

最近ではカリオモンを日本でもいくつかのカフェがイベントとして実施しているそうです。

カリオモンをとおして、コーヒーの素晴らしさ、感謝を改めて思い返すきっかけになりそうですよね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

エチオピアのコーヒーと、コーヒー文化は非常に奥深いものがあります。

少しでも興味を持ってもらえたら、幸いです。

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る