大人の世界。コーヒーとアルコール

アルコール

お酒の初心者に勧められるカルーアミルクは、コーヒーリキュールと言って、梅酒と同じ要領でコーヒーを漬け込んだものです。
またカクテルの世界にはアイリッシュコーヒーを始めとしたコーヒーカクテルがたくさんありますし、コーヒーに蒸留酒を混ぜるというのも定番です。
ここではそんなコーヒーとアルコールの世界を紹介したいと思います。

 

女性向け?コーヒーリキュールの世界

リキュールの中でも女性に人気がある定番の物が、コーヒーリキュールです。
ウィスキーや中性アルコールなど、原料となる酒は違いますが、コーヒーの成分を抽出したりコーヒーを漬け込み、そこにクリームや砂糖で味を整えたもので、口当たりの良い甘さとコーヒーの風味が非常にマッチしているお酒です。有名な銘柄として、やはりカルーアでしょう。
因みに、コーヒーリキュールというのは家庭でも作ることができます。
焼酎やウィスキーなどの蒸留酒に珈琲豆を適量漬け込むという方法で、コーヒー焼酎という名前で売られていたり専用の器具が販売されていたりします。

 

コーヒーを使ったカクテル

コーヒーリキュールを使ったカクテルと言うのは定番からオリジナルな物が有りますし、コーヒーを使ったカクテルというのも存在します。
コーヒーリキュールを使ったカクテルで有名なのは、カルーアをミルクで割るカルーアミルクやウオッカとコーヒ―リキュールを割るブラックルシアンなどで、全体的にはリキュール自体が甘目なので甘口のカクテルが主流です。
コーヒーを使ったカクテルとして一番有名なのは、アイリッシュ・コーヒーでしょう。アイリッシュウィスキーと砂糖、生クリームを使った濃厚なホットカクテルで冬の時期になるとバーにおける定番商品になります。
 アイリッシュウィスキーの派生形として、ウィスキーの種類をスコッチに変えるとゲーリック(ケルト人でもアイルランドを含む民族集団)コーヒーになりますしアイリッシュ・ミストというリキュールを加えるとアイリッシュ・ミスト・コーヒーという種類になります。

 

コーヒー+アルコールの世界

 このような本格的なカクテルではなくても、コーヒーにお酒を淹れて楽しむというのは定番の楽しみ方です。
 たとえばエスプレッソに何らかのお酒を加えて楽しむ「カフェ・コレット」」やジンを加えて楽しむ「イングリッシュコーヒー」ブランデーを加える「ブランデーコーヒー」など、加える酒によっていろいろな名前がついています。
 特に有名なのはカフェ・ロワイヤルでしょうか。ロワイヤルスプーンという専用のスプーンに角砂糖を載せて、そこにブランデーを浸し火をつけて溶かしたうえでコーヒーに混ぜて飲むという物です。
 火を使うのでバーや喫茶店の中には行わないところもありますが、その見た目の美しさは他にない物は有ります。

 このようにコーヒーと酒というのは切っても切れない関係にある物です。
 コーヒー豆を浸したコーヒ―リキュールやコーヒーと酒を混ぜる楽しみ方だけではなく、ソフトドリンクやよいさましとして本格的なコーヒーを提供しているお店などもありますし、昼は喫茶店としてコーヒーをだし夜はバーとして酒を出すなんて店もあります。
 コーヒーが美味しいお店の中には、セットでこういったアルコールに力を入れているお店も多いのでお酒が好きな方は挑戦してみてることをお勧めします。

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る