初心者必見 ブレンドとストレート

コーヒーのブレンドとストレート

コーヒーには、ブレンドコーヒーとストレートコーヒーがあります。ブレンドコーヒーは2種類以上をブレンドした豆から抽出したコーヒーで、ストレートは単一の種類の豆を抽出したコーヒーです。

ブレンドの目的は3つあります。

①ブレンドすることによってコーヒーの風味を向上させる。

②風味を均一化する。

③コストを調整する。

① コーヒー豆は数百の銘柄が世界に流通していますが、それぞれが特徴があり、味、香りの個性を持っています。異なった個性を混合することで、それぞれの良さをより発揮させて、単一の豆よりも香味が向上することがあります。

② 主に業務用のコーヒーで必要とされます。コーヒー豆は農産物です。量、質とも年によって出来不出来があります。コーヒーショップのコーヒーの味が、そのたびに変わっていては営業がなりたちません。どのコーヒーショップ、カフェも、店の顔となるコーヒーの味があります。

そのために店の標準的な味を作っておく必要があります。その標準的な香味を維持するために、複数の豆をブレンドする作業が必要になります。

③ 農産物であるコーヒー豆の価格は激しく変動します。豆の価格が高騰したからといって高級寿司店のように「時価」というわけにはいきません。一定の価格を維持するためにブレンドでコストを調整します。

この3つがブレンドの意味ですが、初心者に関係があるのは①でしょう。スーパーやコンビニで売っている袋入りのコーヒー豆は、すべてあらかじめブレンドされています。そうでなければスーパーで販売できるほどの量産ができないし、一定の価格も維持できません。

家庭用、既製品のブレンドは○○豆何グラム、××豆何グラムとは表記していません。たとえば「モーニング向け」とか「ヨーロッパ風」であるとか、そのメーカーが考えるブレンドの風味が表示されています。仮に○○豆何グラム、××豆何グラムというように書かれても、初心者には理解できません。

初心者に限りませんが、ブレンドでは、まずどういう味を求めるかを決めることがはじまりになります。誰にとっても「おいしいブレンド」、というブレンドはこの世にはありません。

多数の人にに好まれるブレンドというものはありますが、それがメーカーが製造するブレンドです。しかしそれでは自分でブレンドをする意味がなくなります。

ブレンドを試みるなら、まず自分が求める味を決めることです。そうしてからコーヒー豆を売るショップに行き、「こういうコーヒーを淹れたい」と、店員などに相談をすることです。

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る