初心者のコーヒー選びにおすすめ!コーヒーの銘柄とは

コーヒー

コーヒーの銘柄って?

あなたはコーヒーをどうやって選んでいますか?コクや酸味などの風味の違いで選んだり、お店のおすすめを聞いたりしている方も多くいらっしゃると思います。初心者でもわかりやすいコーヒーの選び方の一つとして、私がおすすめするのはコーヒーの「銘柄」です。コーヒーの銘柄とは、要するにブランドのことです。例えばブルーマウンテンやキリマンジャロ、モカやマンデリンといった名前を聞いたことはあるでしょうか。こういったものを総じて「銘柄」といいます。銘柄は多種多様で、コーヒーの生産地を表したり、品種をあらわしたりしていることが多いです。

私がコーヒーを選ぶ基準として、銘柄をおすすめする最大の理由は、わかりやすさです。

コーヒーの味を決める大きなポイントが生産地であったり、品種であったりします。銘柄はこれらのポイントをそのまま使っている場合が多いので、当然コーヒーの銘柄が同じものは似た風味になります。A店で売っている「ブルーマウンテン」とB店で売っている「ブルーマウンテン」は、どちらもストレートコーヒーだとすると風味は似ているはずなのです。(但し厄介なのは「ブレンド」という言葉です。「ブレンド」は要するにいろいろなお豆を混ぜて作っているということですから、「ブルーマウンテンブレンド」といっても少し風味に差が出てくることはあります。)

風味がわかりやすいだけでなく、銘柄は覚えやすいという特徴もあります。先に挙げた銘柄のほとんどが聞き覚えがあったり、知っているという方が多いのもそういった理由からです。

 

オススメの銘柄

銘柄でコーヒーを選ぶ理由を説明しましたが、実際に飲んだことがない人にとってはあまりイメージできないのではないかと思います。ここでは私のおすすめのコーヒー銘柄を2つご紹介します。それぞれのコーヒーの特徴も簡単ですがご説明しますね。

 

○モカ

人気の高いモカコーヒーは、生産地によってモカハラーやモカマタリなどなど、更にいくつもの種類にわかれます。いずれもほどよい酸味と甘い香りが特徴で、飲みやすいコーヒーだといわれています。コクも軽いものが多いので、朝から飲みたい方にもおすすめです。

 

○ブルーマウンテン

いわずとしれた大人気銘柄の一つですね。ブルーマウンテンの名前の由来は、ジャマイカにあるブルーマウンテン山脈。この山脈の中でも800~1200mという限られた高地で栽培されるコーヒー豆を総称してこのように呼びます。ストレートのブルーマウンテンコーヒーは、非常に香りが高く、繊細な味が特徴です。しかし、限られた地域でしか栽培することができないため、収穫量は極めて少なく、ストレートコーヒーではかなり高価だと感じることでしょう。厳密に検査されたものだけが「ブルーマウンテン」という名前として販売されます。ちなみに、「ブルーマウンテンブレンド」は30%以上のブルーマウンテンコーヒーが含まれていれば表記してOKとされているものです。逆にいえば70%近くが他のコーヒー豆である可能性があります。


いかがでしたでしょうか。

コーヒーの銘柄を知ることから、どんどんとコーヒーの世界・知識は広がっていきます。

いろんな銘柄を試してみて、お好みのコーヒー豆を見つけてみてはいかがでしょうか。

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る