入門編 豆の保存は四つの劣化要素から遮断することが鍵

コーヒー豆の保存容器

コーヒー豆を劣化させるのは「温度」「湿度」「光」「酸素」の四つの要素です。上手に保存するには、コーヒー豆をこの四つからできるだけ遠ざけることが鍵となります。可能なら遮断します。しかし家庭で食品工場並みにコーヒー豆をこれらから完璧に遮断することは無理。ではどうすればいいのでしょうか。

まず「湿度」と「光」からコーヒー豆を遮断するには市販されているコーヒー豆専用の保存容器が効果的です。「温度」から遮断するためにはどうすればいいのか。そう、保存容器ごと冷蔵庫に入れることです。

冷蔵庫で保存する場合、注意がひとつあります。焙煎したコーヒー豆、それを挽いたコーヒー豆の粉には、ほかの匂いを吸収するという性質があります。脱臭剤として利用されることがあるくらいですから、容器の 密閉がゆるいと、コーヒー豆が冷蔵庫内のほかの食品の匂いを吸収してしまうことにもなりかねません。容器を選ぶ場合はゴムのパッキンなどが付いた、できるだ け密閉性が高いものがいいでしょう。

残るひとつは「酸素」ですが、実はこれがもっとも大きなコーヒー豆の劣化要素です。また酸素からコーヒー豆を遮断することこそ、もっとも困難なのです。酸素に触れるとコーヒー豆の成分が酸素と化学反応を起こします。それが酸化です。その結果、味、香りが変質するか失われてしまうのです。市販されているコーヒーには酸化しない不活性ガスを充填した袋に封入されたたものもありますが、その分、高価です。挽いた粉を真空パックにした商品もありますが、流通段階ならともかく、どちらも購入していったん開封してからは意味がなくなります。酸化は温度、湿度とも関係がありますから、一般の家庭では保存容器ごと冷蔵庫に置くという方法が唯一の対策だと言えるでしょう。

コーヒー豆の保存は、加工が進めば進むほどむずかしくなります。つまり、生豆→焙煎した豆→挽いた豆という順番で劣化が早まります。焙煎前の生豆だと1〜2年間は保存してもあまり品質に影響はないとされています。しかし焙煎後はそれが1〜2週間と一気に短くなり、挽いたあとは4〜5日と、さらに短くなります。適した保存方法でもコーヒー豆の劣化は避けられません。劣化は徐々に進むので、結局、豆は早く使い切るというのが、おいしいコーヒーを味わう最良の方法ということになります。とりわけ挽いて粉にしたあとは冷蔵庫に入れておいても4,5日が限度、ということは肝に銘じておくべきでしょう。

挽いた豆であれ挽く前の豆であれ、保存で見落としがちなことがひとつあります。それは容器に残った豆の酸化臭です。古いコーヒー豆の酸っぱくて苦い匂いが酸化臭です。新しい豆を容器に移し替えるだけでは、容器にわずかに残った豆の酸化臭が新しい豆に移ってしまうことになります。面倒でもその都度、容器を洗うことが大事です。

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る