入門 コーヒーのいれ方

コーヒーの淹れ方

コーヒーの味は奥が深いですね。

豆の種類やその焙煎の種類も多く、様々な味になります。

コンビニでもコーヒーが買えますが、自分でコーヒーをいれるとさらに美味しいです。

今日は簡単な入れ方のポインをご案内します。

ペーパードリップ

サーバーの上にドリッパーをのせ、ドリッパーにペーパーフィルターを

セットします。そこにコーヒーの粉を1人分いれます。

そこに沸いたお湯を静かに粉全体に含ませるように

入れ20秒ほど待ちます。

お湯を注ぐ時は中心でのの字を書くように注ぐのがポイントです。

入れ終わった時、コーヒーの上に泡が残っているのが上手な

入れ方です。それはアクなので、コーヒーは美味しく出ています。

ネルドリップ

ネルフィルターは1度お湯を通し、絞っておきます。

粉を入れた後はお湯が全体に回るように粉の真ん中をスプーンなどで少し掘ります。

お湯の注ぎ方はペーパーフィルターと同じです。

お湯は3回ぐらいに分けて注ぎますが、前の盛り上がりがなくならないうちに次のお湯を

注ぎます。

ネルフィルターは終わったら煮沸して、布についた粉をとります。

その後水につけて、冷蔵庫で保管します。

トルコ式コーヒー

トルコ式ミルでコーヒーは粉状にします。

イブリックという容器に水とコーヒーの粉を入れ

ごく弱火にかけて、スプーンで混ぜながら温めていきます。

泡が吹きたってきたら、火から降ろします。スプーンで軽くかき混ぜてから、再び火にかけます。

これを3回ほど繰り返して、コーヒーを煮出していきます

煮出したコーヒーを小ぶりのカップに注ぎ、少しそのままにして、

コーヒーの粉が沈んでから、上澄みを飲みます。

ベトナム式コーヒー

ベトナム式コーヒーフィルターが必要です。

またコンデンスミルクを加えますので、

コーヒーもフレンチローストなど深めの焙煎のものを使います。

ベトナム式コーヒーフィルターは中ぶたがあります。

中ぶたを開けて、フィルターに適量のコーヒーを入れます。

中ぶたを乗せネジで締めます。(このフィルターは中ぶたをネジで締めるタイプです)

あらかじめ、コンデンスミルクを入れておいたグラスの上に

コーヒーをセットしたフィルターを乗せ、穴の開いている中ぶたの上から

少量のお湯を注いでコーヒーを蒸らします

20秒程度おいてコーヒーを蒸らしたら、残りのお湯を注いで、
上ぶたをし、コーヒー液がすべてグラスに落ちきるまで待ちます。

抽出が終わったら、上ぶたを裏返してその上にフィルターを置きます。

コーヒーとコンデンスミルクをよく混ぜてできあがりです。

まとめ

いかがですか。今回は比較的単純な入れ方だけになりましたが、

入れ方を変えるとコーヒーもちがった味に変身します。

色々な味を試していただきたいですね。

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る