世界三大コーヒー:コナコーヒーはなぜ人気?

カフェ

コナコーヒーって?

 コナコーヒーは、ジャマイカのブルーマウンテン、タンザニアのキリマンジャロと並び、世界三大コーヒーの一つとして人気のあるコーヒーの銘柄です。名前の「コナ」はハワイ島南西部のコナ地区で栽培されていることに由来します。この限られた地域で生産されるコーヒーは、世界のコーヒー生産量全体のうちの1%に満たないほどです。その希少さと美味しさから、世界中にファンの多い銘柄となっているのです。

風味の特徴は、ほどよいコクとやわらかな酸味、甘い香り、すっきりとした爽やかさや飲みやすさにあります。アイスコーヒーでもホットコーヒーでも飲みやすいので、幅広い層に愛用されています。

コナコーヒーが特別な風味をもつ理由は、コナ地区の地理的要因からきています。コナ地区の標高は600m程と、アラビカコーヒーの栽培では普通か、むしろ少し低地によっているような場所です。しかし、海に囲まれたハワイ島。海洋性気候のため、中米での標高1200mの場所と同等の気候条件となります。平地と比べやや涼しく、午後は曇ることが多いため、シェードツリーをあまり多く必要としません。また、雨量が多いことも風味には良い影響を与えます。気候だけではありません。ハワイ島には火山がいくつもあります。火山の周囲は豊かな土壌が広がっているため、コーヒー栽培において火山の存在は非常に有益なものとなります。

 

コナコーヒーを飲めるお店

上にも述べたように、コナコーヒーはとても貴重です。そのため、コーヒー屋さんに行ってもなかなか見つからないこともしばしば。もちろん、いくつか探しまわってみるのも楽しいと思います。しかし、気軽にコナコーヒーを飲みたい方にオススメのお店が「HONOLULU COFFEE」。名前からも、ロゴのデザインからもわかるように、ハワイのコナ・コーヒーにこだわったお店です。

こちらのお店がどれほどコーヒー豆にこだわっているかというと、

 

・完熟のコーヒー豆だけを丁寧に手摘みする

・ハワイの気候で焙煎し、鮮度へを損なわないよう空輸する

・注文を受けてから挽いて抽出

 

など。お豆へのこだわりはもちろん、そのお豆を大切に、ドリップコーヒーとして提供するまで丁寧に扱っているそうです。


日本にホノルルコーヒーがやってきたのは2012年、お台場に1号店がオープンしました。現在では東京や関東圏以外にも進出しており、既に20店舗ほどを構えています。

全国で気軽にコナ・コーヒーが味わえるなんて、贅沢ですね。

 

ちなみに、ドリンクはコーヒーを中心として幅広く扱っています。私のオススメは、なんといっても「100%コナコーヒー フレンチプレス」です。フレンチプレスはご存知の方も多いと思いますが、一杯一杯抽出してお豆の油分まで味わえる抽出方法。酸化するのは早いですが、その分コーヒー本来の味をダイレクトに感じることができる抽出方法です。コーヒー豆に自信がないとできないですよね。

 

更に、フードメニューも充実していて、シフォンケーキや可愛らしいティラミスもあります。ハワイといえばパンケーキ!という方も多いでしょうが、もちろんパンケーキもありますよ。

 

軽めのコクのコナコーヒーと、軽い食感のパンケーキは相性抜群。

ぜひぜひコナ・コーヒーを味わってみてくださいね。

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る