世界のコーヒー豆の種類

カフェとコーヒー

各国のコーヒー豆の種類について紹介します。

コーヒー豆の種類と基礎知識

【グアテマラ】

香り豊かで酸味やコクも程よく、ほかの豆との相性もとても良いです。そのため、ブレンドの香りづけにもよく使用されます。しっかりした味わいとフルーティーな香りが特徴です。

おすすめの飲み方は、力強いコクと香が特徴のコーヒーなので、ストレートで飲んでもおいしく味わうことができます。ミルクや砂糖との相性も良く、オールマイティな一面もあるため、とても使いやすく、様々なシーンんで飲まれています。

【キリマンジャロ】

強い酸味とコクが特徴です。「野性味のあふれる味」と評されています。深い焙煎だと、上品な苦みが主体となり、浅~中煎りとは違う風味を楽しむことができます。キリマンジャロは後味が残らず、良質な酸味なのでストレートやブレンドどちらでも楽しむことが出来ます。

おすすめの飲み方は、どちらかといえばストレートで飲むことです。もともと豆の味の酸味が強めで、コクはやや控えめとなっています。すっきりとした飲み口が特徴的です。あまりブレンドベースとして使われることはありません。

【コロンビア】

酸味と甘みが中心の味わいになっています。甘い香りとまるい酸味、まろやかなコクがあります。コロンビアコーヒーは、強い甘味とそれを直観させる特有の香りがあります。農園が異なっている場合でも、上級品になれば、どちらとも素晴らしい味わいをもっています。

おすすめの飲み方は、程よい酸味とキレを持っており、ストレートでも深い味わいが楽しめます。もちろんブレンドベースとしても、優秀です。焙煎は、「ミディアム・ロースト(中煎)」から「フルシティ・ローストロースト(深煎り)」まで、幅広く楽しむことが出来るのが特徴です。エスプレッソやバリエーションコーヒーにも応用が可能です。そのため、深みのあるコーヒーが好きな人はまさに夢のようなコーヒーです。

【マンデリン】

コーヒー特有の酸味が少ないのが特徴で、クリアな苦みと豊かなコクを堪能できます。

おすすめの飲み方は、ミディアムローストとシティーローストの焙煎で飲むことです。酸味は少なく、コクもあり上品な味わいとなっています。ミディアムローストは香とコクが広がり、シティーローストは苦みとコクが増します。もちろんエスプレッソやアイスコーヒー用もおすすめです。その場合には、深煎のフレンチ、またはイタリアンローストがよいでしょう。

【ブラジルコーヒー】

安価で手に入りやすいため、ブランドベースとして用いられることが多いです。適度な苦みと酸味のバランスがよくいのが特徴です。

細かく品質管理されることにより、安価なものから高級なものまで、ブレンドで飲む物もストレートで飲むものも安心して飲むことができます。

コーヒー豆カフェ

他にもたくさんの種類のコーヒー豆があります。それぞれに特徴があり楽しめるのもコーヒーの魅力ではないでしょうか。

 

 

 

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る