ミルの選び方、豆の挽く方法

自宅でもっともっと美味しいコーヒー淹れてみたいというコーヒー初心者のために、今回は基礎知識として、コーヒーミルの選び方、そして、豆を挽く方法について紹介します。

豆をわざわざ挽く意味とは

 豆をローストした後は、ミルで粉砕することで表面積を広げて抽出効率を高める必要があります。豆のひき方によっても、コーヒーの味が作用されてしまうのです。

とはいっても、豆から買って、わざわざミルまで買って、挽く必要なんてあるの・・・?そんな疑問をもたれている方も多いと思います。確かに、粉の状態でコーヒーを手に入れることができますし、それで美味しいコーヒーが飲めないというわけではありません。

しかし、コーヒー豆は粉にして空気に多く触れることで、急速に香気成分の放出が進み、時間が経つにつれて香りがどんどん失われてしまいます。つまり、香り高い美味しいコーヒーを飲むには、抽出する直前に挽いた新鮮な豆で抽出するということがポイントなのです。

どんなミルがよいか

 ミルにもさまざまな種類がありますが、基本は均一に豆を砕くことができるもので、使いやすく、機能性の優れたものといった点で見るといいでしょう。手動式と電動式がありますが、デザイン性にもこだわりたい方は、手動式もおすすめです。少々挽くのに時間がかかりますので、時間を短縮したい方は、電動式を選ぶと良いでしょう。

コーヒー豆の挽き方

 さて、ミルを手に入れた後は、豆の美味しさを引き出すためのコーヒー豆の挽き方を知っていきましょう。豆の粒の細かさ(メッシュ)には、粗挽き、中挽き、細挽き、極細挽きという大きく4種類の段階があります。粒が細かければ、細かいほど、表面積が大きくなり、抽出する速さも早くなり、苦味が強くなります。ムラ無く挽くということがコツですが、どの引き方によっても微粉が発生し、苦味、えぐみの原因となるので、ふるい等で取り除いてから抽出することをおすすめします。

それぞれの特徴は、以下のとおりです。

  • 粗挽き グラニュー糖より粗めの粒度です。抽出時間が短く、さっぱりとした仕上がりになります。粉を多めに使用する、ドリップ、バーコレーダー、そして細かい粉だだとコーヒー内に粉が出てきてしまう性質のある、フレンチプレスに向いている挽き方です。
  • 中挽き グラニュー糖よりやや粗めの粒度です。初めのうちは中挽きを基準にして、粒度を調節していくと良いでしょう。次に紹介するの細挽き等よりも、苦味を抑えた味わいになります。ドリップ、サイフォン、コーヒーメーカーに向いている挽き方です。
  • 細挽き グラニュー糖くらいの粒度です。抽出時間が長く、苦味が強めな仕上がりとなるので、苦味を強調したい人にはおすすめです。ドリップや水出しアイスコーヒーに向いている挽き方です。
  • 極細挽き グラニュー糖よりも小さい、パウダー状の、最も細かい粒度です、苦味が強くなるので、エスプレッソに使われます。エスプレッソ専用のミルを使ったほうがより均一に挽くことができます。

まとめ

 今回は、初心者には少し手の出しにくい、コーヒー豆を挽くという段階の紹介をしました。粒の大きさを均一に挽くということを意識して、自分の楽しみ方にあったミルを選択して、自分の好みの味、持っている器具にあった挽き方を実践してみて下さい。粉でコーヒーを購入したときよりも、多様な楽しみ方ができる上に、香りを長く楽しむことができるはずです。

 こうした、コーヒーのこだわりを一気に増やしていくのではなく、まずは、抽出方法、豆の挽き方、豆の選び方といった順でこだわりをだんだんと増やしていくと、コーヒー初心者でも取り組みやすいのではないでしょうか。

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る