マイコーヒーカップ

コーヒーカップ

自分好みのコーヒーを淹れるには、そのカップ選びも重要ですね。

好きな絵柄や形、触り心地、口当たりなど、季節や気分によっても楽しめます。

いろいろなタイプのカップを揃えて、カフェのように並べるのも一つのインテリアアイデアです。

コーヒーカップは、コーヒーの焙煎に合わせて適したカップがあります。

コーヒーのタイプ別に、それぞれのお気に入りを揃えてみましょう。

また、コーヒーの色も大切な楽しみの一つなので、基本的には中は白地のものが多いです。

レギュラーカップ

スタンダードなタイプのカップ。約110~140ml入り、やや細長い形状です。

カプチーノカップ

厚みのある磁気製。熱や香りが逃げない作りになっています。

マグカップ

取っ手つきの大型筒状のソーサーなし。たっぷり入るので自宅用で使用しやすいです。ミルクをたっぷり入れたい時などにもいいですね。

デミタスカップ

焙煎の濃いもの用。エスプレッソよりやや大き目の約80mlサイズです。絵柄のデザインの凝ったヨーロッパのカップなどは、装飾用としても人気がありますね。

エスプレッソカップ

小さなカップで約30ml位注ぎます。エスプレッソの味わいを楽しむために作られた形状です。

モーニングカップ

レギュラーカップよりも一回り大きめ。薄めのアメリカンコーヒーに向いています。

オリジナルカップ

コーヒーショップでは、よくオリジナルのロゴ入りカップも販売しています。コーヒーショップの人気店のカップは人気がありますので、ギフトにも最適です。

ほかにもオリジナルのポットやミルクピッチャーなどもそろえて、カフェ気分を家で満喫するのもいいですね。

「厚手のコーヒーカップだと割れないし丈夫でいい。」と思います。

保温性もあるし、冷めた時のえぐみが出たり酸味が強まることを防ぐこともできます。

厚手の陶器は温かみもあるので、手触りもいいですから、自宅用にはよいでしょう。

では、なぜカフェでは、薄手の華奢な高級ブランドカップを使用しているのでしょう?

それは、お客様に目でもコーヒーを楽しんでいただきたいというサービスもあると思いますが、

「うちのコーヒーは、冷めてもおいしいですよ。」という隠れた証かもしれません。

コーヒーは、淹れたてから冷めていく過程で、どんどん味が変わっていきます。

熱いうちはおいしくても、冷めてきたら苦味や渋味がでる場合があります。

それは欠点豆が混ざっていたこともありますが、コーヒーを淹れる際にお湯の温度や少しのタイミングで出てしまうこともあるのです。

薄手のコーヒーカップは、おいしさを見分けるコツかもしれません。

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る