ペーパードリップで美味しいコーヒーを淹れる方法

自宅で美味しいコーヒーを妥協せず楽しみたいという方に向けて、ペーパードリップのうちカリタ式、コーノ式抽出方法を紹介します。

 

初めに

用意するものは、ペーパーフィルター(それぞれの方法に沿ってカリタ式、コーノ式のものを選択)、ドリッパー(フィルター同様方式に沿って選択)、ドリップポット(注ぎ口が細口のものが好ましい)、そしてサーバーです。

湯の温度のおすすめは焙煎方法によって異なります。浅煎りや中煎りの場合は、沸騰が静まったころの90~95℃にすると、苦味が出ずにすっきりとした味になります。深煎りの場合、沸騰してから、2分ほどおいた80~85℃の湯だと、苦味が和らぎ、まろやかになります。粉の量についてもお好みで調節してください。

 

カリタ式ペーパードリップ

「カリタ式」はペーパードリップの定番の方法です。ドリッパーの形が台形で、底に3つの穴が空いていることが特徴です。湯を入れてからコーヒーが出るまでの時間が短く、早めに渡過されるため、雑味の出る前の美味しい状態をドリップすることができます。抽出の速度が速いため、数回に分けて湯を注ぐとよいでしょう。

1 ドリッパー、サーバーなどの器具を事前に温めておき、ペーパーをセットし、1人前10~15gの粉を入れてならしておきます。

2 80~85℃の湯を粉全体に行き渡るように注ぎます。

3 10~20秒蒸らし、豆を膨らませます。ここでよく膨らむ豆は良い豆の証拠です。

4 蒸らし終えたら、中心から外側に円を描くようにお湯を注ぎ、中心をお湯の量多め、外側は湯の量を少なめにします。

5 粉が沈まないうちに再び同様に円を描くように湯を注ぎ、湯を2~3回に分けて同様に注ぎます。

6 1杯分に達したら、注ぐのをやめて、嫌なアクがでないよう、粉が沈みきる前にドリッパーをはずしましょう。

 

コーノ式ペーパードリップ

コーノ式は円錐形で底に穴が1つ空いているのが特徴的です。お湯が中心に向かって落ちるように設計されています。抽出によって生じるガスを逃がす役割を持つリブという突起部分が必要最小限で、底の穴も小さいため、まるでネルで入れたかのようなしっかりとしたコクのある味を再現できます。ネルドリップ同様、湯の注ぎ方によって多様な味を表現できます。

1 ドリッパー、サーバーなどの器具を事前に温めておき、ペーパーをセットし、1人前20gの粉を入れてならしておきます。

2 粉の中心に湯を注ぎ、500円玉大の大きさで、中心から外側にゆっくりと細く注ぎ、湯に粉を浸します。

3 粉に湯を置くような感覚で低い位置からゆっくりとさらに湯を注ぎ、全体に湯を行き渡らせます。
4 しばらくして、濃厚なエキスがサーバーに落ち始めたら、中心から「の」の字を描くようにゆっくりと湯を注ぎ、粉が膨らんだら注ぐのをやめて、平らになったら再度注ぎます。

5 抽出の速度が速くなってくるので、数回に分けてさらに湯を注ぎます。この時1杯分150mlを2~3分で抽出し終えるとよいでしょう。

6 1杯分に達したら、注ぐのをやめて、湯が全て落ちる前にドリッパーをはずしましょう。

 

まとめ

今回は数あるペーパードリップのうち、カリタ式、コーノ式という方法を紹介しました。

二つの方法での大きな違いは、ドリッパーの形の違いからくる、注ぎ方の手順や、方法が全く異なることです。それぞれの注意点としては、カリタ式は抽出する際に、しっかりと蒸らすということ、コーノ式は抽出の際には、粉が膨らむことを確認しながら、ゆっくり注ぐことです。

これらを採用するお店でも、お店によってそれぞれこだわりがあります。まずはお店で飲み比べてみるのもよいでしょう。特にコーノ式では注ぎ方の違いによって出る味わいが異なるということなので、多様性があって面白いです。

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る