パリの朝食はカフェ・オ・レが主役

カフェオレ

始めてパリに行った日本人が驚くのは、朝食が驚くほど質素だということです。カフェ・オ・レとパン、それだけです。ホテルの朝食でも変わりません。もちろんジャムとバターはついてきますが、あくまでカフェ・オ・レとパンが基本。パンは高価なクロワッサンになりますが、セットの他にオレンジジュースがついてくれば上々です。近年は観光客向けにメニューを増やしたり、日本のホテルのようにバイキング形式を採るホテルも増えましたが、カフェ・オ・レとパン、これがパリだけではなくフランスの朝食のスタイルなのです。日本で言えばご飯と味噌汁でしょうか。

セットを食べてもういちど驚きます。この一見したところは質素な組合せがおいしい。パンは焼きたてを使うのがパリの朝の習わしだからおいしいのは当然ですが、カフェ・オ・レがおいしいのです。

カフェ・オ・レはフランス語でcafé au laitとなります。café はコーヒー、 laitは牛乳だから、単純にコーヒーと牛乳、という意味です。コーヒーと牛乳の比率は1対1が基本で、日本で言うカフェ・オ・レよりも牛乳の比率が高いものです。フランスのホテルやカフェ、レストランでカフェ・オ・レを注文すると、カップに入ったカフェ・オ・レが出てくる場合と、別々のポットに入ったコーヒーと温めた牛乳、それに空のカップのセットが出てくることがあります。フランス人はコーヒーと牛乳のポットをそれぞれ両手に持って、器用に、同時にカップに注ぎます。またでフランスではカフェ・オ・レに砂糖は入れません。

フランスのカフェ・オ・レ朝食の一部だから量が多く、日本のコーヒー店のカフェ・オ・レの1.5倍から2倍はあります。当然カップも大きくなります。把手がなく両手で抱えて飲むようになっているものもあります。この形のものはカップではなく、カフェ・オ・レボウル、または単にボウルと呼びます。日本の小ぶりの丼をイメージしてもらえばいいでしょう。パリの日用品店には必ず置いていますが、デザインに凝ったものが多く、フランス土産として、特に日本人観光客に人気です。

フランスで朝食にカフェ・オ・レを飲むようになったのは19世紀になってから。それ以前は、なんと、ワインとパンのセットがフランスの朝食でした。朝からほろ酔いという光景も珍しくありませんでした。フランスの昼食にワインは欠かせませんから、これでは一日中、酔っていることになります。いそがしく働かなくてはならなくなった産業革命の時代に適応できないということで、ワインと逆に目覚ましの効果があるコーヒーを飲むようになったのです。なお、フランスの地方のホテルでは、古い伝統のままワインとパンのセットが朝食に出されることがあります。

 

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る