ネルドリップで美味しいコーヒーを入れる方法

サイフォン

自宅で美味しいコーヒーを妥協せず楽しみたいけれど、自分にとってどんな方法で入れるのがベストなのかわからない、という方に向けて、ネルドリップでの抽出方法を紹介していきます。

ネルドリップの特徴

ネルドリップとは、フランネルの略称。綿の布のフィルターを使ってコーヒーの粉をこす抽出方法のことを言います。粉に湯が浸透して膨らむ際にネルも膨らむため、蒸らしの効果を最大限に引き出すことができます。コーヒーの粉が湯を吸収してどの方向にも膨らむことができるので、コーヒー本来の味を抽出できます。しかし、ドリッパーと違って湯を入れたらその量を制限する壁がないため、細かく注ぎ続ける必要があります。

コーノ式ペーパードリップと同様に、淹れる人によって全く異なるコーヒーになりますので、初心者にとっては、毎回同じ味をいれることについては一苦労するでしょう。自分のペースを保ってゆっくり抽出することを心がけましょう。

用意するアイテム

用意するアイテムは、ネル、ドリップポット、サーバーの三点です。今回のやり方だと、ドリップポットは湯を細かくゆっくり注げるように細口のものを、サーバーはネルを動かした時に抽出液を受けられるように口の広いものを用意するとよいでしょう。ネルはカーブが浅いか深いかで、抽出度合いが変化します。浅いと過剰に抽出されないので、カーブが比較的浅いものを選択します。

ネルドリップの淹れ方

まず、20gの粉をネルに入れます。この時には、できるだけ直前に引いた粉を使うと良いでしょう。コーヒーの粉を平らにならし、湯を注いだときに満遍なく浸透するようにします。

1.フィルターに直接かけないように気をつけながら、湯を中心から細く回してかけます。そして、コーヒーの粉全体に行き渡ったら止め、十分に蒸らします。

2.コーヒーの粉が湯をしっかり吸収したら、ネルの下部からコーヒーが滴り始めるので、その滴るコーヒーが落ちきったら、再び細かく湯を注いで抽出します。この時のコツが湯の中心から「の」の字を書くように注ぐこと、そして、ドリップポッドを動かすのではなく、ネルを動かす、ということです。

3.目的の量のコーヒーがサーバーにたまったら、コーヒーが落ちきる前にネルをはずし、雑身がでないように気をつけます。あらかじめ温めておいたカップに注いで完成です。

まとめ

今回はネルドリップによる抽出方法を紹介しました。コーヒーを淹れる人によって個性が現れるという点については、円錐形のペーパードリップと同様です。しかし、湯をできるだけ細かく注ぐという点や、湯を注ぐ時に「の」の字を描き、ネルを動かすという点に細かな特徴があるので注意しましょう。

 ここで紹介した方法はひとつの方法にすぎず、あわないと感じた場合には、こだわらず、他の方法を試してみるといった考え方も必要でしょう。ネルを使用して手で1つ1つ淹れているコーヒーをたくさん試してみることで、自宅で飲む最善のコーヒーに近づけます。ただし、ネルを洗う手間や、細かくゆったり湯を注ぐという方法により、なかなか初心者にはとっつきにくいですが、時間があって、自分にとっての美味しいコーヒーを追及するとしたら、ネルドリップはおススメの方法です。

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る