ドイツ生まれのコーヒーブランド「ケメックス」とは?

カフェコーヒー
インテリアショップやオシャレな雑貨屋さんで目にする「ケメックス」というコーヒーメーカーをご存知ですか?コーヒーメーカーといっても、電動でお湯を注ぐ家電ではなく、ガラスの容器にウッドのもち手が組み合わさった極めてシンプルな形をしています。一風変わった、素っ気無いこのコーヒーメーカーは、今やコーヒー愛好家達に支持される人気アイテムです。

ケメックスはアメリカ生まれ

ケメックスは、ドイツ生まれのアメリカ人科学者ピーター・シュラムボーム博士によって考案されました。その由来は、シュラムボーム博士とその同僚達が、実験室にあったフラスコでコーヒーを入れていたことに端を発しています。ケメックスがフラスコの上に漏斗をつなげたような形をしており、ネックになっている部分に木のもち手と、皮ひもが付いています。たった3つの素材で構成されるシンプルさと、インテリアとしても引き立つようなユーモアのあるデザインなのです。通常ならば分かれているドリッパーとサーバーの部分が一体になっていることで、それらを別々に管理するわずらわしさから開放されますし、メカニカルなディテールのない分、長く使い続けられるプロダクトとして認識されているのです。

ラインナップ

サイズは主に3カップ用と6カップ用の二つに大別され、さらに大きな10カップ用という巨大なサイズも。このサイズの違いは、かなり見た目の違いに差が出てきますので、買う前に要確認です。小さな3カップ用は縦長でスタイリッシュなプロポーション、6カップになるとボテッとした可愛らしいカタチになります。

ペーパーも専用

コーヒーの味にはフィルターの存在も大きいですよね。ケメックスにはフィルターがあり、ボンデッドフィルターと呼ばれています。通常のフィルターに比べて強度が高く、渋みの原因となる酸味と油分を取り除く効果があります。ただ、入手しにくく、少々値段も高いのがネック。巷では、このフィルターを洗って2度使うのを試したり、ケメックス用に開発された他社のステンレスフィルターやネルフィルターなどが使われているようです。

まとめ

イームズ夫妻や、柳宋理も愛用したというケメックスは、50年以上を経て愛されるロングセラー。忙しい毎日の中でも、コーヒーだけゆっくりと炒れてこだわっておいしく飲みたい、という方も多いはず、美しいプロダクトでもありケメックスでコーヒーを抽出する時間は至福のとき。是非お試しあれ。

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る