シュガーを選ぼう

コーヒーシュガー

コーヒーに加えるものとしてまず浮かぶのが、「砂糖」。

ナチュラル&健康志向の現代では、砂糖はあまりよくないものといわれがちですが、ミネラルを多く含んだ砂糖やサトウキビが原料の黒糖など種類も豊富です。

コーヒーの品質にこだわりを持って豆を選ぶようになったら、砂糖にも目を向けてみましょう。

そのままのブラックコーヒーを味わうことも良いですが、砂糖やミルクを入れて楽しむ方法も「コーヒー通」のひとつです。

ホットコーヒーの場合、スティックシュガータイプになっているグラニュー糖が便利で保管もしやすく、量もちょうどいいですね。

角砂糖として、形成されているものもあり昔からの定番です。

料理などで一般的な上白糖よりも細かい粒なので、コーヒーに溶けやすく淡白な甘味やコーヒーの風味を邪魔しません。

白ざら目は、粒が大きくなるので菓子やゼリー、酒に使用されています。

三温糖は、甘味が強く独特の風味あるやや黄色い砂糖です。煮物や佃煮などで使いますが、コーヒーにはやや重いかもしれませんね。

氷砂糖という極めて純度の高いブロックのような砂糖があります。

これは溶けるのに時間がかかるので、直にコーヒーに入れることはないですが、すり下ろして振りかけるサービスをするコーヒーショップもあるそうです。

粉砂糖と呼ばれるものは、グラニュー糖をさらに粉状にしたものです。細粒で溶けやすいので、ガトーショコラのようなケーキやフルーツに振りかけたりします。

顆粒タイプのフロストシュガーは、サラサラとして使用しやすく、冷たいアイスコーヒーにも溶けます。

ヨーグルトについているシュガーです。

沖縄産の黒砂糖は、サトウキビのしぼり汁を煮詰めたもの。かりんとうに使われているように、とてもコクのある甘味です。お酒に使用したりそのまま食べることもできます。

不純物を取り除いて丁寧に濾過された上質な黒糖は、マイルドな味わいになっているので、「蜜」の味と深いコクを生んでいます。

深いローストされたコーヒーにいれることで、より風味を楽しむことができます。

「てんさい糖」の原料は砂糖大根(てんさい)で、北海道などの寒冷地で植栽されています。なので身体を温める作用があります。

逆にサトウキビは熱帯地域の植物ですので、身体を冷やしてくれるのです。

さらにはビフィズス菌を増やす効果もありますし、血糖値の上下が緩やかなので、健康に気をつかう方にはおすすめの砂糖です。

また、アイスコーヒーにはガムシロップをいれるのが定番ですが、はちみつを入れたり、リキッドタイプのシュガーも置いてあるコーヒーショップが増えましたね。

甘さを感じることは気持ちをまろやかにするという効果もあります。

甘味を避けるのではなく、上手に選んでおいしいコーヒーをいただきましょう。

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る