サードウェーブコーヒーって何

サードウェーブコーヒー

最近よく耳にする「サードウェーブコーヒー」。第三次のコーヒームーブメントのことをいっているのですが、これはアメリカでのコーヒー文化の流れを指しています。

第一次は、戦後から1970年ころのアメリカン・コーヒーです。

そして第二次は、1980年代ころ。

豆にこだわりエスプレッソマシーンを使用して淹れるコーヒー。

まさにシアトルの「スターバックス」によるコーヒー革命ですね。

エスプレッソに様々なアレンジができたり、手軽にオフィスへテイクアウトできるスタイルは、世界中に広まりました。

さらにいまは第三次。いわゆるサードウェーブです。

オークランドのブルックリン発祥の「ブルーボトルコーヒー」の新しいブーム。

小さなファーマーズマーケットがコーヒー農園から直に豆を購入し、ガレージで焙煎した豆を地域の人々に売っていたことから始まりました。

コーヒー豆本来の味を最大限に引き出す、「焙煎所」と「カフェ」を併設したショップは、日本でも急速に増えています。

今までならば裏方の機器であるロースターを、来店客から見える場所に設置したり、

ハンドドリップで1杯ずつ丁寧に淹れる様子が見られるのも、最近ならではのスタイルですね。心地よい空間やおしゃれな店員さんや小物の販売など、日本でも着実に広がってきています。

喫茶店という文化がもともと長い日本なので、「おいしいコーヒー」の波はどんどん歓迎されて進化していくことでしょう。

もうすでに面白い日本の造語が始まっていることをご存知でしょうか?

「サードウェーブ系男子」です。

要するに、サードウェーブコーヒーが似合いそうな、飲んでいそうな男の子のスタイルという新しいタイプができたのですね。

えっ?と思う方も多いですよね。

まず、見た目はカフェっぽいファッションをしているということです。

シンプルで派手ではないけど、メガネや帽子、スニーカーなどのアイテムにはこだわりを持って質の良い選択をしています。

高級ブランド品ということではなく、あくまでも自分らしいデザインのグッズだったり、自然素材や風合いを大事にしているファッションですね。

車より自転車、素敵なレストランより有機野菜を自宅で調理・・というネイチャー志向。

ちょっとマイペースだけどおおらかで優しい性格という、まさにサードウェーブコーヒーのコンセプトを人にしたような男子のことです。

女の子にとって居心地の良いカフェのような男子、これから波がやってきますよ。

 

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る