サイフォンで美味しいコーヒーを淹れる方法

サイフォン

自宅で美味しいコーヒーを妥協せず楽しみたいけれど、自分にとってどんな方法で入れるのがベストなのかわからない、という方に向けて、サイフォンでの抽出方法を紹介していきます。

サイフォンの特徴

 サイフォンは、科学の実験器具のようなおしゃれなヴィジュアルの器具を使って、水蒸気の圧力でフラスコの湯をロートに押し上げ抽出する方法です。コーヒーを淹れている様子を楽しむことができます。また、湯と、豆の量、攪拌の仕方、火力にさえ注意すれば、毎回同じ味を出せるという点において、初心者にもおすすめの淹れ方です。フラスコの形状から、カップに注ぐまで香りが逃げないこと、仕上がりもクリアな味わいになることも特徴です。

用意するアイテム

用意するアイテムは、フラスコ、ロート、木べら、布フィルター、濾過器、メジャースプーン、マグカップです。フラスコは、淹れる量によって大きさの種類があるので、自分の用途に応じて選択してください。ロートの状態が悪いと味に影響を及ぼすのであらかじめしっかり洗っておきましょう。また、木べらは攪拌する際に使用しますが、豆を傷つけず、香りを引き出す竹素材のものがおすすめです。布フィルターと濾過器はサイフォンの一式の中に含まれていて、これらの器具は、意外にも、ネットや、ハンズ等で簡単に入手することができます。

サイフォンの淹れ方

1.まず、フィルターの準備をします。一度湯を通して温めてから、乾いた布巾で水気を切ってロートにセットします。

※初めて使用する場合は、その前に濾過器につけたまま、コーヒー液で煮て糊や汚れを取り除いてコーヒーとなじませておきましょう。

2.沸騰した湯をフラスコに移します。ポイントは、毎回同じ量の湯を注げるように、ラインを決めておくことです。

3.フラスコをアルコールランプの火にかけて湯を再度加熱します。事前に湯をあたためておくことでここでの時間を短縮するという意味合いをもちます。

4.ロートを斜めにセットして、粉をいれます。深煎りでは1回に13g、浅煎りでは15g使用するのが目安です。

5.湯がロートに上がってきたら、攪拌します。コーヒーの粉をおどらせるようにすばやく円を描くようにかき混ぜ、なじませます。コーヒーが、上から泡、コーヒー、液体の3層になったら攪拌をやめて、20秒後に火を消します。6・火を消したら、もう一度攪拌します。初めの攪拌と同様に、ヘラでなじませるように混ぜていきましょう。

6.コーヒーがフラスコに落ちてきます。そこでロート内でポコポコと泡が出ればうまく抽出できている証拠です。

※コーヒーがなかなか落ちてこない場合には布巾でフラスコを包み、フラスコの温度を下げましょう。また、一度落ちたコーヒーが戻ってしまうと味に影響するので注意してください。

7.最後に温めておいたカップにコーヒーを注いで完成です。

注意点

フィルター使用後は乾かしてしまうと、フィルターに染み込んだコーヒーの成分が酸化して臭いの原因となります。濾過器につけたまま煮沸して、付着したコーヒーの粉を完全に取り除いてから、冷水に入れた容器で冷蔵庫において保管すること、水も毎日変えることが望ましいです。

まとめ

 今回は、サイフォンによる抽出方法を紹介しました。サイフォンといえば、上級者が使うイメージを持たれる初心者の方も多いと思いますが、初心者でも、器具をそろえさえすれば、毎回同じ味で簡単に入れることができます。コーヒーを味覚、嗅覚だけでなく、視覚的にも楽しみたい方に特におすすめの淹れ方です。湯の量、豆の量、攪拌加減を毎回そろえて行うことで同じ味を出せるようになります。ですから、敷居が高いというわけではけっしてありません。サイフォンが気になっているという方は、すぐにでも挑戦してみましょう。

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る