コーヒー豆の挽き方 抽出法による豆の大きさ

抽出

コーヒーを淹れるには、ペーパードリップ、サイフォン、フレンチブレス、エスプレッソなどのように様々な器具を用いての抽出法があります。

豆の大きさも、抽出器具に合わせた適切な挽き具合がありますから、手回しのミルで、粗挽き、中挽き、細挽き、極細挽きにして準備をします。 

挽き方――粒の大きさと抽出器具

豆を挽くのは、家庭では「手廻しミル(コニカルカッター)」が一般的ですが、他に「電動ミル(ブレードグラインダー)」や「電動ミル(フラットかったー)」などの器具があります。木製の「手廻しミル」の音は、コニカルカッターが回りながら豆を砕く音ですが、いかにも家庭でコーヒーを楽しむという風情があります。片手で動かないように押さえて、ゆっくり回します。

コーヒー豆の挽き具合としては、次のように、抽出法と抽出器具によって豆の大きさを変えます。

 

(1)粗挽き

フレンチプレス、パーコレーターによる抽出法は、粗挽きにしたコーヒー豆を使用します。

 

(2)中挽き

ペーパードリップの抽出法では、中挽きにしたコーヒー豆を使用します。スーパーで袋入りの形で売られている粉はこの中挽きで、レギュラーサイズと呼ばれています。家庭で最も簡単に美味しく作れます。道具はドリッパー(メリタ式、カリタ式、コーノ式、ハリオ式)とペーパーフィルター、サーバーとポットを準備します。

コーヒーメーカーは電動ですが、抽出法はペーパードリップと同じ原理ですので、やはり中挽きの豆を使用します。

 

(3)細挽き

サイフォンやマキネッタでの抽出法は、細挽きのコーヒー豆を使用します。濃い目のコーヒーに向いた挽き方です。

 

(4)極細挽き

エスプレッソ器具もいろいろあって、家庭でも飲めるようになりました。エスプレッソでの抽出法は、いちばん細かく挽いたコーヒー豆を使用します。

コーヒー豆の風味は逃げる

挽いたコーヒー豆の風味は逃げやすいものですから、その都度、人数分だけ挽いて使い切ることが1杯のコーヒーを美味しく飲むポイントでしょう。最初の1口を飲んだ時の、何とも言えない香り、口に広がる酸味や苦み、これを求めて時間をかけて淹れたコーヒーです。疲れは飛び、頭はすっきりし、ほっとした時間が流れます。

コーヒーは、少しずつ冷めていきますが、コーヒーの最後の1口の醍醐味は、まったりした甘さやコクではないでしょうか。

コーヒーの風味は逃げやすいというのは、1杯のコーヒーを飲んでいる最中に訪れます。つまりコーヒーは、風味が揃っている淹れたてがいちばん美味しいといわれるように、風味は時間が経つにつれて変化していくということです。

しかし、刻々と変化してゆくコーヒーの温度も風味の変化も、ひっくるめて楽しみ、最後の1口まで飲んでいるのでしょう。

コーヒー豆の風味を保つ

コーヒー豆を飲む度に挽く作業から始めるのは大変です。焙煎されたコーヒー豆は、香りが抜けやすく他の香りを吸収しやすいものです。空気に触れないようにキャニスターに入れて保存、あるいは、冷凍庫で1回分に小分けしてラップで包んで、ファスナー付きの食品用保存袋に入れて冷凍庫で保存します。それでも、焙煎豆は、購入して2週間ほどで使い切りましょう。

また、数回分まとめて挽いて保存をしておくこともできますが、挽いた粉は鮮度が失われやすいです。挽いた粉は1回分ずつラップに包み、さらにファスナー付きの食品用保存袋に入れて冷凍庫で保存します。なるべく早く飲んでしまいましょう。

まとめ

コーヒー豆は、焙煎した後は、2週間ほどで風味が抜けやすいことがわかりました。そして、1杯のコーヒーも、淹れたての美味しさが時間と共に風味が逃げてしまうということもわかりました。

デリケートな飲み物だからこそ、時間をかけて淹れて飲む1杯のコーヒーには、計り知れない魅力があるのでしょう。

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る