コーヒー昼寝でリフレッシュ

コーヒー昼寝でリフレッシュ

午後の仕事がどうも眠くなってしまってはかどらない、という方は多いことでしょう。

ランチで満腹なために、脳内の活動が“お仕事モード”にならないのですね。

文字が読めないくらいの眠気に襲われたり、うっかり連絡ミスをしてしまったり・・・。

実は、コーヒーで脳内をスキッとさせる方法があります。

「コーヒーナップ」と呼ばれ、オフィスでも実施取組をされているところもあるようです。

お仕事によっては難しいかもしれませんが、長い午後の効率を考えれば、試す価値はあるかもしれませんよ。

方法は単純に仮眠、昼寝なのですが、そこにコーヒーを参加させるのです。

「あぁ、軽い昼寝ならば実行してるよ。」という方、なんとなく目覚めてしばらくはぼんやりしているのではないでしょうか?

まず、コーヒーを一気に1杯飲みます。

そして、約20分仮眠します。

そんな急に眠れないと気にすることはありません。

眠れなくても目を閉じてウトウトしていればよいのです。

まどろんでいるだけでも、脳が休まっている状態は感じられると思います。

そして必ず、ダラダラせずにパッと起きましょう。

たったそれだけです。

これは、科学的にも根拠のあるリフレッシュ方法です。

まず「寝る」ことで、アデノシンという疲労感をためる物質が減少します。

やはり休憩というのは、脳にとってとても大切な時間なのです。

その「寝る」前にコーヒーを飲んでいますので、カフェインが体内に入っています。

カフェインが脳に到達する時間が、約20分と言われているのです。

脳に到達したカフェインは、アデノシンをブロックしてくれるのです。

すると、脳にたまっていた疲れがスーッととれるのが感じられます。

ちょうどその時間でパッと起きると、ぼんやりすることなくスキッと“お仕事モード”の脳になるという仕組みです。

もし、うっかりと20分以上眠ってしまうと、深い眠りに入ってしまうので気を付けましょう。

休んで疲れをとっている間に、脳にカフェインがたどりつくという仕組みを上手く使った休憩方法です。

また、少しずつ飲むと、覚醒時間が20分ではなくなってしまいますので、この場合は一気に飲みましょう。

20分というと少し長い気がするかもしれませんね。

しかし、疲れがとれずに眠気と戦いながらパソコンと向き合っている時間は、もっと長かったりします。

その後の生産性や合理性を考えれば、そんなに長い時間ではないですね。

また、長そうな会議が夕方にあるという方にもおすすめです。

 

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る