コーヒー好き 芸能人-1

コーヒー好き 芸能人

コーヒー通だという芸能人はたくさんいます。

コーヒーは、眠気を妨げヤル気を起こさせる効果があるため、創造力をかきたてる仕事の方にはファンが多いのです。

最も名前がよくあがるのが、高倉 健さんです。

実はお酒は飲めないというのをご存じでしたか?

映画では強くて渋いイメージなのですが、料理にかけられたお酒にも酔うから苦手だと言っていたそうです。

その代わり、コーヒーは1日50杯以上飲むとのこと。

亡くなる83歳までお元気だったのは、そのコーヒー効果なのでしょうか。

京都をはじめ全国にお好きな喫茶店があったようですが、基本的には「インスタントでも構わない」というスタイルが高倉健さんの男らしいイメージに合っていますね。

薄いコーヒーにミルクをたっぷり入れたりすることもあったようです。

昔のネスカフェのコマーシャルに高倉健さんが出演しており、

「珈琲が好きです。」という一言の説得力がなんとも言えない空気感を出しています。

そんな高倉健さんの影響でコーヒー好きになったという、富司 純子さんはNHK「紅雲町珈琲屋こよみ」というドラマでコーヒーオーナーを演じています。

どんなに朝寝坊してもコーヒーは飲むという、千原ジュニアさん。

好きが高じて、自宅で豆を挽いて淹れるらしいです。

次第に好きなコーヒーショップや銘柄も限られてきており、缶コーヒーが飲めなくなってきたというコメントもあります。

本当のコーヒー好きは好きなものが絞られており、あれもこれも飲むわけではないという持論があるようです。

漫才コンビ コーヒールンバの平岡佐智男さんは、タリーズコーヒーで店長経験もあるバリスタです。

アイスエスプレッソ開発もしており、芸能活動でもそのコーヒーの腕が生かされているようです。

利きコーヒーぶりが話題となり、ブログや動画配信が人気急上昇!

高岡早紀さんは、ストレートで一日5,6杯は飲むといいます。

ヘビースモーカーという話もありますので、やはりタバコとコーヒーの相性の良さを感じます。

常盤貴子さんも、やはりコマーシャルに起用されてことがあるほど、ご自身もコーヒー好きです。

撮影の日は、自分のサーモマグ(ステンレス製などで保温がきくタンブラー)を持って現場に行き、準備や合間にゆったりリフレッシュをするようです。

海外に旅行に行ってもカフェめぐりは欠かさず、愛用のマグカップとペーパーフィルター持参で出かけるそうです。

玉屋珈琲で専用ブレンドしてもらっているという話もあります。

カフェ・コーヒーについて

コーヒー資格取得検定講座はこちら

ページトップへ