コーヒー好き有名人・芸能人の代表はあの人

コーヒー好き有名人・芸能人の代表はあの人

古今、コーヒーが好きだという有名人は自称、他称を含めて数多くいます。その中で知名度、実績を考えると、その代表となるのは芸能人、俳優の高倉健でしょう。

高倉健は2014年に83歳で亡くなりましたが、1日50杯はコーヒーを飲んでいたという伝説があります。高倉健は、若い頃から撮影所で近くの喫茶店から出前してもらったコーヒーを何杯も飲んでいたと、昭和30年代に共演した富司純子が証言しています。この頃はまだ、日本でコーヒーを飲む習慣はそんなには広がっていません。街角に喫茶店が登場して、ようやくコーヒーが広く普及してきた時代ですから、高倉健は時代に先んじていたと言えます。

高倉健は酒を一滴も飲みませんでした。その代わりの息抜きだったのかもしれません。

高倉健は1986年にネスカフェ・ゴールドブレンドのテレビCMにも出演しています。ナレーションは、コートを着た高倉健が、ぶっきらぼうに「コーヒーが、好きです」とひとことを言うだけ。話題になったCMでした。実際にインスタント・コーヒーも好きだったと言われています。Pokkaの缶コーヒーのCMにも出演していますが、やはり高倉健ひとりだけが登場してつぶやくというもの。彼のコーヒー好きは早くから知られていました。コーヒーに凝るマニアというのではなく、とにかくコーヒーが好きだった、ということのようです。後年は撮影所にポットを持ち込んで、コーヒーを何杯も飲んでいました。その姿は多くの映画関係者が目にしています。

撮影所がある京都でひいきにした店が『イノダコーヒー』でした。なにも付け加えずにコーヒーを注文すれば、砂糖もミルクもあらかじめ入れてくるのが『イノダコーヒー』ですが、高倉健は砂糖は入れずにミルクを多くしたコーヒーを注文して飲んでいました。

高倉健は私生活を語らず、コーヒーについても、好きな店も銘柄も自分で語ったことがなく、1日50杯といったような伝説が残るだけです。『イノダコーヒー』でも、決まった席に座って寡黙にコーヒーを飲むだけだったと、店の店長が証言をしています。

コーヒー好き、高倉健の名残としては、ただひとつ、「健さんブレンド」という配合が伝わっています。映画『八甲田山』の撮影の時、十和田市の『桜田酒店』というコーヒー豆も置く酒店で、高倉健が提案してつくった豆のブレンドだとしています。ブレンドは「八甲田の残雪」とネーミングして販売されていますが、店内には高倉健の色紙が飾られていて、高倉健が撮影中にこの店をたびたび訪れたことは事実のようです。

コーヒー資格取得検定講座

カフェ・コーヒーについて

コーヒー資格取得検定講座
少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ