コーヒー好き必見!かっこ良くコーヒーを表現する4つのポイント

表現

コーヒーの違いを説明できますか?

コーヒーの楽しさの一つに「飲み比べ」があります。ワインのソムリエのように、コーヒーの違いがわかるようになり、言葉として表現できたらかっこいいと思いませんか?

コーヒーと一言でいってもその種類は数えきれないほど。産地や品種、時期によっても風味には常に違いがあります。そんな「コーヒーの違い」がわかるようになるためには、いくつかのコーヒーを味わうポイントがあると、とっても便利です。

料理やお酒の味を言葉で表現するように、コーヒーを表現したいと思っている方、憧れている方に、簡単に違いがわかるための、4つのポイントをご紹介します!

 

表現する、4つのポイント!

ポイントは次の4つです。

・香り

・酸味

・コク

・風味

たったこれだけ、簡単です。しかし、とってもとっても奥が深いのです。一つ一つ、どういうことか説明していきますね。

 

ポイント1:香り

コーヒーの香り、それは抽出したてにもっとも強調されます。特にホットコーヒーは熱々のうちに特徴的な香りを感じることができます。浅煎りのコーヒーには香ばしさや麦をイメージさせるような、青々とした香り。深煎りのコーヒーにはローストした煙のようなスモーキーさやナッツを炒ったときのような香りを感じることもできるでしょう。

香りは時間が経つにつれて徐々に弱まっていきます。ホットコーヒーを手にしたら、まずは香りをかいでみましょう。

 

ポイント2:酸味

酸味はすっぱさのことではありません。舌の先端で感じる感覚のことです。浅煎りのコーヒーであればキュッとしたような舌が引き締まる感覚や、ジューシーさを感じるでしょう。深煎りになるほど酸味は弱まり、舌の先に感じる刺激は弱まります。柔らかく舌の上を流れるような感覚は、酸味が弱いコーヒーの特徴です。

 

ポイント3:コク

コーヒーを初めて飲んだ方がよく口にする「苦い」という言葉。これがまさに「コク」です。コクが深いコーヒーは、口に入れるとずっしりと重く、飲み終わったあとも舌の上には余韻が残ります。逆にコクが軽いコーヒーは、口に入れてもそれほど重みを感じず、「飲みやすい」コーヒーだと感じるのではないでしょうか。ローストが浅いほどコクは軽く飲みやすく、ローストが深くなるほどコクも深く、ずっしりとした印象をもつようになるでしょう。

 

ポイント4:風味

コーヒーを飲んだときに「チョコレートに合いそうだな」とか、「パンと一緒に食べたら美味しそう」と感じたことはありませんか?コーヒーの風味はまさにそういった「コーヒー全体の印象」のことです。例えばチョコレートに合いそうなコーヒーは、どこかチョコレートに似た部分があるはずです。コーヒーを一口だけすすり、舌の上に広げてみてください。パンに合いそう、フルーツに合いそうといった感覚も同様です。いつの間にかコーヒーの風味を感じているんです。

 

この4つのポイントを意識してコーヒーを飲むだけで、全く違ったコーヒーの世界が見えてきます。2つのコーヒーを用意して、それぞれを4つのポイントを使って表現しようとすると、よりくっきりと、その違いが見えてきます。

 

ぜひ一度、試してみてはいかがでしょうか。

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る