コーヒー器具の種類について

コーヒー器具の種類について

コーヒーを淹れるための器具は様々です。中にはキッチンに置いておくだけでおしゃれな雰囲気になるものも少なくありません。今回はコーヒーを淹れるための器具の種類についてご紹介します。

コーヒーを淹れる基本道具

コーヒーを淹れるためには、いくつかの基本的な道具があります。これらの道具があれば、コーヒーを淹れるのが簡単になるだけでなく、よりおいしいコーヒーを楽しむことができます。

コーヒーメジャースプーン

コーヒーメジャースプーンはコーヒーの豆を軽量するために使われるスプーンです。コーヒーの豆の量が多くなればコクや苦味が強くなり、少なければさっぱりとした味わいになります。コーヒーを淹れるときには目分量でもできますが、コーヒーメジャースプーンできちんと計量すると、味が安定するだけでなく、気分や体調によっても味を簡単に調整することができます。

コーヒーミル

コーヒーを淹れるときには、お店で豆を挽いてもらったり、粉を買ってきたりという方法もありますが、豆を買ってきて家で粉にするのもいいものです。特にコーヒーの香りは、豆を挽くときにもっとも強くなるため、コーヒーの香りを最大限に楽しむこともできます。

そんなときに必要なのがコーヒーミル。コーヒーミルはコーヒーの粉を豆にするときに使用する道具です。コーヒーミルには手動のものと電動の物がありますが、雰囲気を楽しむときには手動のものがおすすめです。

ただし、量が多い、一日に何度もコーヒーを飲むという場合、手動のものを使っていると手が疲れてしまうので、電動のものと併用するのがおすすめです。

なお、コーヒーは粉の細かさによっても味が変わるため、挽く粗さを変えられるものが便利です。

ドリッパー

ドリッパーはコーヒーを抽出するための器具です。ドリッパーには、布や紙を敷いてコーヒーをろ過するものや、ドリッパーとろ過する装置が一緒になった金属製のものなど、様々なタイプがあります。

また、ドリッパーには円錐形のものや台形のものなどのタイプがあります。これらは形や素材などによって抽出されるコーヒーの味が異なることもあり、インテリアとしてもおしゃれな形が多いため、いくつか揃えておいてもよいでしょう。

フィルター

フィルターはコーヒーの粉にお湯を注いで、コーヒーをろ過する際に必要となります。フィルターには大きく分けると、紙製のペーパーフィルター、布製のフィルターなどがありますが、使い捨てられることや、後始末の簡単さを考えるとまずはペーパーフィルターが便利でしょう。

コーヒーサーバー

抽出したコーヒーを溜めるためのポットがコーヒーサーバーです。コーヒーサーバーはガラスやアクリルなど透明なものが一般的で、コーヒーがゆっくりと落ちる様子を眺めているのもコーヒーを淹れるときの楽しみのひとつです。

ハンドルや全体の形状もさまざまなタイプのものがあるため、キッチンの雰囲気に合ったものを選ぶと、コーヒータイムが一層楽しくなりますよ。

コーヒーを抽出する器具の種類

コーヒーを抽出するときには様々な方法があり、それによって使用する器具や抽出されたコーヒーの味も異なります。

フレンチプレス

フレンチプレスといえば紅茶というイメージがありますが、実はもともとはコーヒーのために開発されたもの。やがてパリのカフェで多く使われることから、フレンチプレスと呼ばれるようになりました。フレンチプレスの特徴は、テクニックがなくても誰でも簡単に美味しいコーヒーが淹れられること。ペーパーフィルターの場合、コーヒーの油分が紙に吸い取られてしまいますが、フレンチプレスではコーヒーの油分も楽しめるため、野生的な風味を堪能することができます。

エアロプレス

最近、世界中で人気となっているのがエアロプレスという方法です。エアロプレスは空気圧を利用してコーヒーを抽出する方法で、注射器のような形の容器にコーヒーとお湯を注ぎ、圧力によってコーヒーを抽出します。エアロプレスの特徴は短時間で美味しいコーヒーを淹れられること。エアロプレスは専用の器具が必要ですが、抽出時間が短くすっきりしていることや、エスプレッソのように圧力をかけているため、コーヒー独特のコクも楽しめるという特徴があります。

ネルドリップ

ネルドリップは、ネルの布をフィルターにしてコーヒーを抽出する方法です。ネルドリップの場合、ネルの袋の効果によってコーヒーをしっかり蒸らすことができるため、コーヒー本来の味を最大限に味わえることから「最高のドリップ方法」とも言われています。ただし、ネルドリップで美味しいコーヒーを淹れるためには高い技術が必要で、上手で慣れている人でなければネルドリップで美味しいコーヒーを淹れることはかなり難しいともいえます。

ウォータードリップ

ウォータードリップとは、簡単に言えば「水出しコーヒー」のことです。通常のコーヒーの抽出方法は熱湯を使用しますが、熱湯はコーヒーの香りや風味を抽出しやすい反面、苦味や雑味も引き出してしまいます。

しかし水出しコーヒーは冷水を使用するため、嫌味がなく、すっきりとしていながら深みもコクもしっかり堪能できるコーヒーを抽出することができます。ただし、ウォータードリップは非常に抽出の時間がかかることが欠点です。

サイフォン

コーヒー専門店や老舗の喫茶店でよく使われているのがサイフォンです。サイフォンは蒸気圧の差を利用したコーヒーの抽出方法で、道具の扱い方が難しい反面、使い方さえ覚えれば誰でも安定した味のコーヒーを抽出することができます。サイフォンで淹れたコーヒーはすっきりとした味わいで、なおかつコーヒーを淹れること自体が楽しみになる魅力を持っています。

ただし、直接アルコールランプで加熱するため、コーヒー豆が焼けてしまうこともあり、豆の種類を選ぶ抽出方法だと言われています。

コーヒー通が持つその他の道具

コーヒー通の中には、基本的な道具以外にも道具にこだわりを持っている人もいます。そんなコーヒー通が楽しむ道具を紹介します。

ミルクピッチャー

ミルクピッチャーはコーヒーのミルクを入れるための容器です。ミルクピッチャーは一見したところどれでも同じように見えますが、実は素材や大きさには様々な種類があり、それによって使い勝手も変わってきます。

また、ラテアートなどを楽しむときにはスチームミルクが必要になりますが、このスチームミルク専用の「ミルクジャグ」と呼ばれるタイプのものもあります。ミルクジャグの中にも注ぎ口が長いイタリアンタイプと、先端がとがっているシアトルタイプなどの種類があり、奥の深い道具ということもできます。

ロースター

コーヒー豆の香りや風味を高めるために欠かせない作業が「焙煎」ですが、ロースターは焙煎作業の時に使用される道具です。

ロースターにはゴマや銀杏を炒るときのような小型の道具から、筒状の容器に豆を入れて回転しながら焙煎するもの、電気の熱風によって豆をローストするものなどのタイプがあり、こちらも器具によって豆の味が変わってくると言われています。

イブリック

イブリックとは、トルコ式のコーヒーを抽出するための道具です。トルコ式のコーヒーは、豆を煮詰めてその上澄みを飲むというスタイルで、このときに使われるのがイブリックです。

トルコ式のコーヒーはエスプレッソのようなコクと苦味が特徴で、独特の魅力が人気。ちょっと普段とは違う味を求めている方にはおすすめです。

まとめ

コーヒーは味だけでなく、淹れる過程も楽しめるもの。もし興味がある方は、様々な抽出方法や器具についてより詳しく学んでみてはいかがでしょうか。

コーヒー資格取得検定講座

カフェ・コーヒーについて

コーヒー資格取得検定講座
少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ