コーヒー初心者、はじめの一歩

初心者

「本当に美味しいコーヒーを見つけたい。」コーヒーについて興味を持ち始めた人でこのように感じたことがある方は、少なくないでしょう。しかし、いざ調べてみると、コーヒーの奥深さに驚きます。中には興味を失ってしまう人も現れるほどです。美味しいコーヒーに近づくにはどうしたらよいのでしょうか。

そもそも、本当に美味しいコーヒーとは何か。真っ先に思い浮かぶのは値が張る豆を使ったコーヒーや、手間隙かけて抽出されコーヒーでしょう。しかし、実は絶対的に本当に美味しいコーヒーの定義というものはありません。それは「人によって好みが異なる」ためです。

本当に美味しいコーヒーって何

ですから、おしゃれカフェでサイフォン式コーヒーを飲んだとしても、必ずしも美味しいコーヒーに出会えるとは限らないのです。

どうすればたどり着けるのか

では自分の好みを知るにはどうしたらよいでしょうか。

以下の順序でスタートしてみることをご提案します。

1良質な豆を試してみる

豆の良し悪しの判断ポイントは、生豆の状態ですと、熟度、大きさが均一かどうか、発酵した・カビが生えた豆が混ざってないかといった点が挙げられますが、一般人にはわかりかねます。

唯一わかるとすれば、香りです。焙煎直後~数日後で豆の香りは変化します。だんだんと豆から二酸化炭素が放出されることで、豆の風味が奪われていきます。ですから、香りの強いものを選びましょう。そして、抽出後の風味の変化にも注意です。コーヒーは良い豆は冷めても風味のバランスの変化を楽しむことができます。

2好きな焙煎度合いを見つける

コーヒーはその焙煎の仕方で酸味と苦味が変化します。自分が好みだと感じる味のバランスはどのような焙煎なのか知っていくことが必要です。その上で香りにもこだわりを持つならば、豆の産地についてもこだわってみましょう。

3さまざまなコーヒーを飲み比べる

こうして自分の好みを知った後は単純です。自分の好みにより近い入れ方、豆、といったコーヒーの要素について吟味していきます。とりわけコーヒー豆の種類は豊富なので、根気強く探す姿勢は必要になってきます。ネットで調べるのもいいですし、より手っ取り早いのはコーヒーセミナー、独自のコーヒーを追求しているカフェに行ってマスターとお話してみる、ビーンズショップ、自家焙煎所といった専門店に行ってみるなどの手段が考えられます。

まとめ

これまで、美味しいコーヒーを飲みたいと一度でも感じたことがある方。自分がこれだと思うコーヒーにたどりつくには、まず、自らの好みを知ることから始めましょう。高品質の豆を試し、自分の美味しいと感じる焙煎の具合を知った上で、飲み方、豆等を工夫していくというプロセスを順々に辿っていくことが大切です。

せっかくコーヒーに興味を持ち探求心が芽生えたにもかかわらず、その奥深さゆえに断念するなんてもったいないことです。コーヒー好きだからといって、闇雲に知識をいれる必要はありません。人には人の楽しみ方があります。だんだんといろんな味を試し、楽しみながら知識を得て近づいていく、そのようなイメージをもって、気長に自分の味を追及していきましょう。

 

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る