コーヒーミルについて

コーヒーミル

コーヒー器具には、様々な種類が存在します。

その中でも、コーヒーミルついての知識を学ぶことで、自分好みのコーヒーに出会うキッカケになるはずです。

1. コーヒーミルについて

コーヒーミルとは、焙煎されたコーヒー豆を粉砕するために使用する器具になります。コーヒー豆を粉砕するミルの違いによりコーヒーの味が違うことは、あまり知られていないようです。コーヒーミルには、「手動式」と「電動式」があります。

・「手動式」

ハンドルを回しコーヒー豆を粉にします。

長所は、場所をとらず、持ち運ぶことができます。価格が安く電気代がかかりません。

短所は、コーヒー豆を挽くのに時間がかかります。引き具合の調整が難しく分解できないものも存在します。また、衛生面での問題があります。

・「電動式」

長所は、引き具合の調整が簡単です。粉砕するのに時間がかかりません。

短所は、場所をとり、電気代がかかります。コーヒー豆を頻繁に挽く場合は、電動式をお勧めします。

2. コーヒーミルの刃の違い 「ロールグラインダー」、「フラットカッター」について

刃には、ロールグラインダー、フラットカッター、コニカルカッター、ブレードグラインダーの4種類が存在します。

・「ロールグラインダー」

豆は、ロール開通過の際に段階的に粉砕されます。粒度の均一性が高く粉砕速度も高いです。工業用に用いられています。長い時間にわたり大量に粉砕する工業用のミルには熱の発生が少ないことが求められています。ロールグラインダーは、それらの点で優れていると言えます。

・「フラットカッター」

これは、業務用から家庭用に使用される電動式のミルに多いタイプです。業務用の方が高価ですが、丈夫さ、粉砕速度などの点において家庭用のものより優れています。

3. コーヒーミルの刃の違い 「コニカルカッター」、「ブレードグラインダー」について

・「コニカルカッター」

挽き方を調節できる点が特徴です。エスプレッソ用の電動ミルや手動のミルに多いです。凹凸型の2枚の刃がついた円形の刃を組み合わせ、回転して豆を挽きながら粉を下へ落としていきます。刃の回転数が少なく摩擦やモーターからの熱が起こりにくいです。そのため、豆に対する影響が少ないのが特徴です。

・「ブレードグラインダー」

回転する刃の打撃により粉砕をします。電動式のミルでは、1番、安価です。粉砕の安定性に欠ける微粉が多いというデメリットがあります。

いかがでしたか?

コーヒーミルの時点でコーヒーの味が違うことは、あまり知られていません。

このようなことを学ぶことで、より美味しいコーヒーを飲むキッカケにつながるはずです。

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る