コーヒーブレーク

コーヒーブレーク

「コーヒーブレーク」とは、仕事や打ち合わせなどの合間にとる少しの休憩のことをいいます。

つまりお茶やジュースを飲んでもいいですし、たばこを吸いに部屋を出たり、ちょっと一休みをしようという意味で使われていますので、必ずしもコーヒーを飲む時間ではありません。「ティータイム」という呼び方もされていますね。

皆さんはどのような「コーヒーブレーク」をお過ごしでしょうか?

最近のカフェが目指していることで共通していることが、どんな「コーヒーブレーク」を作ろうか?という点です。

普段の生活の合間にちょっと寄って一息リラックスをする・・・このことで、またリフレッシュしたりアイデアがパっと浮かんだりします。そのタイミングや方法は個人によってことなりますが、コーヒーブレークという名称の通り、コーヒーにはそんなリラックス効果があるのです。

まず、コーヒーの香り。特に焙煎をしているショップでは、お店に近づくだけでその香りに心が和んでいきます。通行している人々も「あぁ、いい香り。」と深呼吸したり店内をちらっと眺めていく場合が多いようです。

コーヒーのアロマの香りは、脳をリラックスさせるとともに活性化せていく働きがあるそうです。

コーヒーショップだと試験勉強がはかどるという学生さんがいますが、おそらくその効果を上手に利用されているのだと思います。また、作家さんや原稿や曲のアイデアを練るとか、読書に没頭するというOLさんもいます。

最近人気のブックカフェという、本屋さんとカフェが一体型のお店が流行るのは当然かもしれませんね。

コーヒーのカフェインを敬遠される方も多いですが、朝や食後に1杯飲むくらいのペースでしたら、返って良い効果が発揮できるといわれています。脳はリラックスだけでなく、集中力もアップし、胃腸の働きを助けるので、二日酔いにもいいですね。

ただし、どんなものもそうですが摂りすぎは禁物です。逆に不眠や不整脈、肌荒れ、胃腸障害などにもつながりますので、病院に通院されている方は医師に相談して飲む量を決めておくといいかもしれません。

コーヒーショップではコーヒー以外のドリンクもあります。居心地の良い空間でバリスタの作業を眺めたり、コーヒーの香り、豆を挽く音などに包まれているだけでも、ほっと一息「コーヒーブレーク」を楽しむことができます。

また、お店の脇役である「音楽」「内装や絵画」「雑誌や書籍」「並ぶカップやアイテム」・・・など、各店の個性が光るポイントでもあります。最近では、インターネットの環境が整っているカフェも多くつい、長めのブレークをとってしまいがちですが、快適空間を工夫しているカフェとの出会いはうれしいものです。

「この場所好きだなぁ。」というカフェを見つけて、疲れた行く場所を持っているのも素敵なことですね。

コーヒーという単語がふくまれている小さな休憩時間を自分なりに作ってみましょう。

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る