コーヒーを更に楽しく!家で焙煎してみよう

コーヒー

「自家焙煎」してみませんか?

「自家焙煎」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。喫茶店でよく見かけるこの言葉、焙煎したてのコーヒーを出している証拠なのです。

一般的なコーヒーショップ(特に大型チェーン店)では毎日大量のコーヒー豆を消費するため、多くの場合がロースト工場を持っています。そしてそこで大量に焙煎をし、各店舗にロースト済みのコーヒーが運ばれていくのです。

これでも十分美味しいのですが、自家焙煎、すなわち自分のお店で焙煎をしているところは、焙煎したてのコーヒーを提供しているところがほとんどです。

この焙煎は、とてもコーヒーの風味に関係しており、高い技術が必要だとされています。

コーヒー豆によって最適な焙煎範囲があり、それ以上でも以下でもないところを試行錯誤して探し当てるのです。

 

これまでは少し敷居の高いイメージがあった自家焙煎ですが、最近自分の家でコーヒー豆を焙煎する人が増えているのです。

手順自体が簡単でとっつきやすく、何より完成したときの達成感と、それをコーヒーとして飲むときの充実感はたまりません。

本記事ではそんな、家庭でも簡単にできる焙煎方法をご紹介します。

 

簡単な「自家焙煎」にチャレンジ!

焙煎は、実はフライパンだけでも簡単にできます。

ですが、最近では「ホームロースター」を目指す人のためにさまざまなグッズも販売されているのです。本記事でおすすめするのは「手網」と呼ばれる器具。フライパンの形をしたザルのようなイメージ。丸い形をしていて、半分には蓋がついているため、焙煎に適した形になっています。

その他に必要な準備物は次の通り。

 

・生豆(100g程度)

・軍手(火傷防止)

・うちわ(焙煎後急いで冷やすため)

・ざる(焙煎後に豆を取り分ける)

・コンロ

 

 

生豆はインターネットで簡単に手に入れることができます。初めての方は小粒で粒がそろっているものが、焙煎しやすくおすすめですよ!

では次に、焙煎手順を簡単に説明します。

 

  • 生豆を手網へ投入し、ふたをしっかりとしめます。

このときにしっかりとふたがしまっていないと、焙煎をするときにこぼれてしまう可能性があるので、注意しましょう!

 

  • 中火にかけます。

このときのポイントは火からの距離です。コンロの口から10センチ~15センチほどの高さに保ち、しっかりと手首を使って振ってください。このときに均一に火がかかるほど、味も均一で、美味しいコーヒーができます。

 

  • ファーストポップ

しばらく焙煎すると、薄皮が取れて薄い茶色に変化していきます。更に10分ほど続けると、パチパチとコーヒー豆がはじけるような音が聞こえます。これをファーストポップといいます。

 

  • セカンドポップ

更に焙煎を続けると、焙煎開始から20分もたたないうちに再び音が聞こえます。これをセカンドポップといいます。このくらいから煙が出て、コーヒーの香ばしい香りが感じられます。このあたりが中深煎りです。ここからは好みの色の濃さになるまで、慎重に火をかけていってください。

 

  • 火を止めて素早く冷やす。

用意しておいたザルにあげ、うちわなどで風をおくり、お豆を冷まします。粗熱がとれたらあとは放置して、完全に冷めるのを待ちます。

 

これで完成です!

 

香ばしい香りがキッチン中に広がります。あとはグラインドして、実際に抽出してみてください。

自分で初めて焙煎したお豆はとても感慨深く、愛着がわきます。思わず自慢したくなるほどです・・(笑)。

 

焙煎ができれば、更にコーヒーの楽しみ方が広がります。ぜひぜひチャレンジしてみてください!

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る