コーヒーは薬だったというのはホント

コーヒーは薬

コーヒーは嗜好品の飲料としてではなく、薬として飲み始められたという歴史があります。コーヒーが人々に飲まれ始めたのは紀元900年ころ、その地はアラビアだったとされていますが、コーヒーについて書かれたもっとも古い記述はアラビアの医者によるものでした。その医書にコーヒーを「陽気なさっぱりしたもので、胃に非常によい」ものと書いています。

このころ、どういうかたちでコーヒーが薬として飲まれていたか、確かなことは不明です。コーヒー豆、つまりコーヒーの種だけではなく、果肉ごと食べたり、またはそれを煮出したり、発酵させて酒にして飲まれていたりのではないかともされています。飲用の方法が今とはほど遠かっただけではなく、コーヒーは嗜好品ではありませんでした。原産国のエチオピアから運ばれてくる貴重な「薬」として飲まれていたのです。

コーヒーの強壮作用もよく知られていました。コーヒーを飲むと体に活力がわき、眠気がおさえられるとされたのです。夜に労働する者、夜通し祈る者には飲用が奨励されたりしました。

ところが1200年頃、コーヒーは「秘薬」とされてしまいます。イスラム教の寺院で秘儀を執り行うために、高僧だけが飲むものとされてしまったのです。コーヒーという秘薬はイスラム教寺院を通じて、アラビアからペルシャ、トルコへと広がっていきましたが、それはイスラム寺院の中だけで、さらに高僧だけが飲む秘薬として伝わっていったのです。秘薬となって以降、アラビアでもコーヒーに関する記録はピタリと途絶えてしまいます。

コーヒーを秘薬とする習慣は数百年間も続いて、一般の人にもコーヒーを飲むことが許されるようになったのは、ようやく15世紀の中頃になってからです。エチオピア半島のアデンのイスラム寺院がコーヒーを信者たちに解禁します。この地の高僧が病気になり、コーヒーを飲んだところ体力が回復し病気も治癒したことから、信者たちにもコーヒーを飲むことを勧めたのが解禁のきっかけだったと伝えられています。

この時も薬としてイスラム教の信者にコーヒーの飲用が許されたのですが、イスラム教寺院の周囲にはコーヒーを飲ませる露店が軒を並べるようになりました。その数は、カイロだけ1000軒あったとも伝えられています。信者たちはここでコーヒーを飲み、体に活力を与えてから寺院に入って祈りをささげるという習慣がはじまったのです。

それではこのころはコーヒーはどういうかたちで飲まれていたのでしょうか。それは、炒ったコーヒー豆の粉をポットで煮出す、強い風味を特徴とする、日本で言うトルココーヒー、トルコ式コーヒーだったとされています。つまりこのころにはコーヒー豆を焙煎する技術があったということになります。しかし、コーヒー豆の焙煎がいつどこではじまったかは、まったくわかっていません。

 

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る