コーヒーの風味について

コーヒーの風味

コーヒーの風味は、言葉では表しにくいほど奥が深いです。

飲料の業界でコーヒーの風味を考えると、とても遅れています。

お客様に美味しいワインを勧める職業のワイン業界を頂点に、お茶など風味表現が確立されています。

しかし、コーヒーは、輸出国でされる評価が全てです。そのため、コーヒーの美味しさや素晴らしさを評価する、風味を楽しむということが欠如していました。

1. 米国でのコーヒーについて

1970年代の米国では、水代わりの薄くて不味いコーヒーが主体でした。

若者を中心にコーヒー離れが進みました。業界が取り組んだのは、美味しいコーヒーを提供することでした。若者うけする冷たくて甘いコーヒーを提供するということを考えました。スターバックスを中心に、このような動きが始まりました。この動きの影響により米国のコーヒーは美味しいコーヒーに変わっていきました。

これとともに、コーヒーの風味をフレーバーホイールという風味用語を体系化したものが確立され、コーヒーの風味を伝えるツールとして活用されました。

コーヒーの品評会では、風味表現やそれを点数化して順位を競うことが行われています。また、風味評価をする資格「カッピングジャッジ」が設けられるようになりました。

2. コーヒー風味の表現方法

・「甘味」

質の高いコーヒー豆には、糖分が含まれています。焙煎することでカラメル化し、これが甘味のもととなります。甘味の印象には、チョコレートのような甘味など様々な表現が存在します。

・「綺麗さ」

質の高いコーヒーには、液体に濁りやザラつきがありません。そのためピュアな透明感があります。

・「風味」

フルーツ、スパイス、ナッツ、チョコレート、花、など多くの香りと舌で感じる甘味、酸味、苦味、塩味、が融合したものを風味と言います。これは、そのコーヒーを特徴付けるものです。

3. コーヒー風味の表現方法 Ⅱ

・「後味」

飲み干した後の余韻のことです。舌から立ち上る香りの余韻が後味になります。

・「酸味」

爽やかさや明るさ、フルーツジュースのような感覚を酸味と言います。質の良い酸味は、コーヒーを活き活きとさせます。不快な酸味は、しっかり区別します。

・「コク」

舌、口腔で感じるコーヒーの重さ、フルボディやライトボディ、例えるなら低脂肪乳と生クリームの違いです。

・「バランス」

風味、酸味など全体のバランスがとれているかどうかも美味しさにつながります。

これらのポイントを意識してコーヒーを飲むことで、いろいろな一面に出会うことができます。普段飲んでいるコーヒーの新しい一面を発見できます。

是非、参考にしてください。

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る