コーヒーの花言葉

コーヒーの花言葉

雨期を迎える少し前にパラパラっと雨が降ると、コーヒー農園には白く美しいコーヒーの花が咲きます。

コーヒー豆は木の実の種子。

その実がなる少し前にその花は咲くのです。褐色の飲み物からは想像のできない可憐な白い小さな花々です。

5つの花弁があり、ジャスミンのような香りが漂います。

ブラジルのような広い農園では、コーヒーの花が咲くと、まるで雪でも降ったかのように幻想的な景色に変わります。

しかし、たった2日間です。ハラリハラリと散ってしまい、現地の人でさえ見逃したと悔やむようです。

まさに、美しいものの命は短いのですね。

そんなコーヒーの花にも花言葉があります。

「一緒に休みましょう。」です。

これは、花を愛でるというよりも、その後のコーヒーへ託されたメッセージですね。

一緒にと誰かを誘っている言葉が、コーヒーの温かさやコミュニケーションの場での存在感を示しています。

コーヒーブレイクという言葉をよく聞きます。

”Let’s go on a coffee break.”

「コーヒーブレイクに行こう。」という訳になります。

あれ?名詞?

と、気づかれた方も多いでしょう。有名な単語なのでご存知の方もいることでしょうが、”a coffee break”という単語は名詞です。

コーヒー休憩、コーヒーを飲んで少し休むことを意味します。

英語圏の方々のコーヒー好きが表れている単語ですね。

日本人が「お茶しよう。」と、コーヒーやジュースであってもそのように話すこととちょっと似ています。

おもしろい花言葉の情報

コーヒーミルクを製造しているめいらくグループさんの有名商品「スジャータ」。

いろいろな種類がありますが、「褐色の恋び スジャータP」の容器をじっくり見たことはありますか?

実は毎年、365日分の花と花言葉が印刷されてあるのです。

5mlが50個入りでひと袋となりますので、365日分を集めるのはちょっと大変かもしれませんね。

お使いいただくお客様ひとりひとりに思いをこめて作られているという理念通り、つい喫茶店でスジャータを見かけるとフタを見てしまう癖がつきます。

ちなみに、「スジャータL」のシリーズは、国旗が解説付きで描かれてあるのでそちらもきれいで楽しめます。

さらに、スジャータの袋の裏には、プチ情報としてコーヒー以外のお楽しみ方が書かれています。

コーヒー以外のゼリーにかけたり、意外と思いつかなかったあんみつやオムレツなどの洋食、斬新なすきやきにかけるアイデアなど、隅々まで配慮を感じるパッケージです。

スジャータの置いてある喫茶店で、花言葉を見てみましょう。

カフェ・コーヒーについて

コーヒー資格取得検定講座はこちら

ページトップへ