コーヒーの原産地は、エチオピア

コーヒーの歴史

コーヒーの原産地は、エチオピアとされています。

エチオピアの高原では、野生のコーヒーの木がたくさん存在します。

10〜11世紀にエチオピアからアラビア半島に伝えられました。

もともと、薬用として用いられていました。

14世紀になると、コーヒーを飲む習慣がトルコ、エジプト、イラク、等のイスラム教寺院に伝えられています。

14〜15世紀になると焙煎という手法ができました。

16世紀後半になると、ヨーロッパでコーヒーが知られるようになります。

1640年から本格的にコーヒーが広がり始めました。

17世紀後半になると、イギリスではコーヒーハウスが、フランスではカフェが人気になりました。ただコーヒーを飲むだけでなく議論や交流の場でした。

思想、政治、文化に大きな影響を与えました。

このような背景があり、アメリカにもコーヒーが伝えられました。

1. 世界最大のコーヒー大国「アメリカ」

1727年に現在、最大のコーヒー生産国であるブラジルに持ち込まれました。

19世紀末から20世紀に、アフリカでロブスタ種、リベリリカ種のコーヒーが発見されました。

欧州人は、アフリカに栽培を持ち込みます。その一方で、日本人の加藤サトリがインスタントコーヒーを発明します。このインスタントコーヒーは、アメリカの博覧会で販売されました。

2. 日本にコーヒー到来

日本にコーヒーが伝えられたのは、17世紀初頭です。

オランダ商人を通してとされています。鎖国時代のため、コーヒーは広がりませんでした。江戸の末期から輸入が始まりました。

明治に入ると、西欧文明の入り口としてヨーロッパ風カフェが開店します。

しかし、軌道に乗ることができませんでした。

明治末期にブラジル政府からコーヒーの無償供与を受けます。

それにより「カフェパウリスタ」が創設されます。全国に支店が展開されます。

これにより、徐々にコーヒーが広がっていきました。

1934年には、全国にカフェが3万軒に達しました。

しかし、戦時体制の強化により1938年に輸入規制が始まり、1942年に完全に輸入が途絶えました。

3. 日本は世界第3位の輸入国

1960〜1970年の間に輸入が自由化されました。

高度経済成長期により、輸入量が増えます。

そして、コーヒーの飲用形態がインスタントからレギュラーや缶コーヒーに移りました。

日本は、40以上の国からコーヒーを輸入していますが、ブラジル、コロンビア、インドネシアの3カ国で60%以上を占めています。

いかがでしたか?

コーヒーの歴史を知ることで、コーヒーに対する考え方が変わるはずです。

是非、参考にしてください。

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る